total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:岩手県立水産科学館ウォリヤス( 9 )

2012.7.5

a0012103_17361653.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-07-05 22:00 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

マツカワ

a0012103_6565474.jpg

リベンジ戦です!

前回間違えちゃって、よく吟味したつもりですが…
今回は(たぶん)あってるかと… マツカワです。

カレイ類って水族館では潜ってほとんど見えないことが多いし、
何より写真に納められないアングルにいることが多い…。
図鑑なんかも砂にまみれている写真が多かったりして肝心の特徴が押さえられなかったり…。
我が家でもあまり買ってこない(主にもらう魚)ですし。
地域でいる種が全然違うし…。
ってなわけで、改めて種を特定するには難易度が高いなぁ…なんて思いました。
買ってきてはじっくり吟味せんとなぁ…

すいぞっかんではまだ魚名板的なものがあって救われることが多いのですが、
市場なんぞ行くと種はたくさんいるわ、いちいち魚名を書いてくれていないことが多いわ…

カレイは食べるには好きな魚なんですが、観察が足らんと反省です。しょぼん。
[PR]
by argon-l | 2010-11-03 06:57 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

ひとやすみ

a0012103_614157.jpg

どまつり余波で疲労困憊。
今日は手抜きです。

明日からしっかり更新するよー
[PR]
by argon-l | 2010-08-30 06:15 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

マフグ

a0012103_738062.jpg

いろんな意味で見る機会が少ないんじゃなかろうか?マフグです。
マフグと言うからにはなんだか最もポピュラー種って感じもしますが、
実のところマフグと呼ばれるようになったのは歴史が浅くナメラフグと呼ばれていた頃の名残が残っている地域も多いとか。
食という意味では同属のトラフグに完全に認知度も持っていかれていますし、
水族館でもトラフグをはじめクサフグとかコモンフグを見る機会が圧倒的に多いですね。
市場価値としてもフグ類の中では下魚として扱われているようですし…
トラフグと比べると随分足が早いらしいので、その辺で利用価値を見出されないんでしょうかね?
ですが鮮度のいいものでしたら煮てよし、焼いてよし、揚げてよし、刺身も絶品らしいですから、
トラフグみたいな贅沢はできないけど… っという意味では凄くいいフグかも!!(って、免許なきゃ自分で扱えないじゃん…)

水族館で見ていると腹部の方にある黄色いラインが印象的でした。
これがやたらと印象的だったので図鑑を見ていて他の同属の写真なんかも見たのですが、
みんなけっこう黄色いライン入ってるんですね。
ただ、マフグが一番鮮烈な気がします。

まあ、なんしかトラフグ属のフグたちはふっくらした顔がとっても可愛いですね!!
[PR]
by argon-l | 2010-06-27 07:38 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

オオハネガイ

a0012103_6543179.jpg

ちょいと自信がございませんが、オオハネガイかと思いますー
北海道の南部から相模湾にかけて、北側は富山湾にかけて分布している貝です。
水深100mくらいのところから1400mくらいのところにまで生息しているので、かなりの範囲にいるんですねー。
ハネガイと言うくらいだから「跳ねるように移動する」とかだったら面白いのですが、
『羽根貝』と書くくらいですから「羽根のように見える貝」ってことなんでしょうなぁ。
でも漠然と見た感じ、ちーっとも羽根には見えませぬ…。

けっこうしっかりした貝柱を持っているらしく、それなりに食べられるようですが、一般的には食用にはしません。
ですが、化石の採掘や貝コレクターの話の中ではしばしば話題に上る貝で、
知る人ぞ知る貝みたいなところがあるんだろうなぁ~っと思います。

ハネガイ類は漁をしているとちょくちょくかかってくることがあるんだそうですが、
その割に出回らないのはあまり味がよくないのか、量が少ないのか?
ともあれ、そんなこともあって生態についてはあまり情報の出てこない貝ですね。
殻の白さが美しいので、殻の収集としては情報が満載なのですが…。
[PR]
by argon-l | 2009-12-05 06:54 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

ムラサキイガイ

a0012103_765682.jpg

よく「ムール貝」という名前を耳にするかと思いますが、ムール貝とは本種ムラサキイガイのことでございます。

ムール貝はフランス料理の定番中の定番で、様々な料理に用いられます。
日本人はアサリを好んで食べる文化が強いですが、フランスではムール貝がその位置づけにあり、
そのこともあって「フランスアサリ」と呼ばれることもしばしばあります。
日本では洋風料理に用いられることが多いこともあって海外の貝って印象も強い方もいらっしゃるかと思いますが、
このムラサキイガイは日本では北海道から九州まで広く分布していて、
養殖も行われていれば、漁獲産地もけっこうあるもんなんです。
とはいってもそもそもは移入してきたもので、いわゆる外来種なんですけどね。
ムラサキイガイは食用とされる一方で世界的に汚損生物にもあげられておりまして、
人間の生活に対し頭を悩ませられる存在でもあります。
どう付き合っていくべきなのか難しい問題かとは思いますが、ムラサキイガイを一方的に悪者にするのではなく、
上手に改善していけたらいいなぁ~っと感じます。

a0012103_771095.jpg

ほじってます。(笑)
[PR]
by argon-l | 2009-09-26 07:07 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

キンコ

a0012103_8463353.jpg

キンコの一種としか紹介されていなかったので、詳しい種名はわかりませんが…。
調べてみると「もしかしてアオナマコのこと?」っと思ったのですが、どうでしょう?

ナマコは地域によっては非常に好まれる食材で、「アオナマコ」や「アカナマコ」がよく食べられています。
まあ、どちらもマナマコなのですが、その違いまでは考えたことがありませんでした。
味については差異があるようですが、東文化・西文化などでも好みがわかれるようで。

彼らの仲間にはアデヤカキンコというナマコがいますが、
このナマコを見た後はやっぱりアデヤカは艶やかだなぁ~っと常々感じます。(笑)

ともあれ、ナマコの違いやこのキンコについて、どなたかご教授くだせぇ~
[PR]
by argon-l | 2009-08-19 08:46 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

リュウグウハゼ

a0012103_78567.jpg

最初何故だか「リュウキュウハゼ」と読み間違えてしまい、こんな北の地に南方の魚が?っと思ってしまったのですが、
よくよく見たらリュウグウハゼでした。(汗)
でも、伽話に出てくる龍宮伝説の話は日本各地にあれど沖縄に伝わる話もあるため、
やーっぱり思い浮かべるは暖かい地域の魚って感じです。

で、実際のリュウグウハゼですが、北海道から九州にいたるまで広く分布している魚で、
本州以北としている資料も多いのでどちらかと言えばやや冷たい海を好む(?)魚なのでしょうか。
5本の黒帯が実に鮮明で綺麗な魚です。

アジ・カサゴ・キス釣りなどの外道として稀に釣れることがある程度で、
市場に流通するほどの漁獲はないので食用としてはあまり認知されていません。
[PR]
by argon-l | 2009-08-13 07:09 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス

岩手県立水産科学館ウォリヤス

a0012103_8362845.jpg

三陸は有数のリアス式海岸の地としても有名な場所ですが、
魚の「うお」とリアスを絡めて名づけられた「岩手県立水産科学館ウォリヤス」という施設が岩手県宮古市にあります。
ここでは宮古湾で見られる魚を中心とした水槽展示の他、海中ジオラマや魚介類モデルを用い、
古くから伝わるサケ・サンマの漁法をわかりやすく解説しています。
宮古市は南部鼻曲がり鮭という育ちがよく両顎が伸びて曲がるサケが有名で、
本州で最も有数のサケの漁場の1つとしても知られる土地です。
また、かつてはサンマの中心地だったと言われ、各地から宮古へとサンマが集まってきた地と言われ、
サケとサンマは宮古市の象徴と言ってもいいのだと思います。
っとまあ、まだまだ勉強不足なので下手な解説はできませんのでこのへんで。(汗)
[PR]
by argon-l | 2009-07-31 08:37 | 岩手県立水産科学館ウォリヤス


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]