total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:上越市立水族博物館( 9 )

2012.10.10

a0012103_1513873.jpg


で、最初は新潟でも長野から近い上越市立水族博物館へ行くつもりだったんだ。

・・・でも、高速道路を移動中「上越市立水族博物館は以前行ったしなぁ…」っと、
さらに急遽予定を変更して次に近い寺泊水族館へ行くことにしたのさー。
でも、お宿は長野は松本に。
だからドタバタ移動。(笑)


ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-10-10 22:00 | 上越市立水族博物館

タマナマコ

a0012103_7384010.jpg

タマナマコ・・・かな?
いろんな写真を見ているともうちょっと尖ったイボが並んでいるので、ちと違う気もするのですが…。

「片利共生」と言って一方にしか利益がない共生として有名なカクレウオが宿主にしているナマコで有名です。
なんでもナマコの排泄腔内にいるんだそうですよー

ナマコは驚異的な再生能力を持っていて、輪切りや縦切りにして腸を取り出しても切り口が塞がり、
腸が再生してまた復活するというとんでもない生き物でもあるんですねー
ナマコを食用にしている国はいくらかありますが、生食で食べる国は日本とパラオくらいなもので、
パラオではこのタマナマコを真っ二つにし、腸を取り出して食べるというのは有名な話です。
腸を取り出したあと、真っ二つにした胴体は海に戻します。
そうするとまた再生して明くる年にはまた採集できるというわけです。
そういう意味では資源管理がとってもしやすい生き物なのかも?

ナマコは食べるどころか触るのも苦手意識の強い人は多いですよね。
かんちょは触るのは全然平気ですが、食べるのはさほど得意ではないのです。(食べられなくはないけど)
ただ、ナマコの主成分を考えるとかなり身体にいい食べ物でもあるようです。
脂質もないのでコンニャクを食べる感覚でダイエット食にもいいかも!(笑)


贅沢妄想コンテスト』も投票お願いします~♪

携帯からはこのQRを読み取ればサクッと投票できますのよ♪
PCから1票、携帯から1票、是非に♪
[PR]
by argon-l | 2010-07-29 07:39 | 上越市立水族博物館

ホワイトカレイとピンクカレー

a0012103_13132861.jpg

今日はカレイの白化個体です~
表も裏も真っ白なカレイなんですね~。これはまた華麗なもんですね~。
アルビノってのは遺伝的に先天的に白くなってしまった個体ですが、
こちらは加齢していく中で後天的に疾患等々でメラニン細胞が壊れ白くなってしまった個体なんですね。
家例で言えば、うちのおとーちゃんも年が年なだけに白髪が増えましたが、
これはメラノサイトの働きが低下してメラニン色素が作られなくなるからだって言われますね。
彼曰く、かんちょが苦労ばかりかけるからだと言われるのですが…
まあ確かに、年齢・遺伝の他、ストレスなども原因に挙げられますからね。
このカレイはどうして白くなっちゃったんでしょうねぇ?

≪ピンクのカレー!?≫
[PR]
by argon-l | 2010-06-25 13:14 | 上越市立水族博物館

ソードテール

a0012103_2505560.jpg

やぁ~、なんちうか、かっこいいですねぇ。
剣の尾っぽ!!ソードテールです。
剣を携えているかのような尻尾も見事ですが、情熱的な体色もステキですね☆
見た目のインパクトや鮮やかさがウケるのか、熱帯魚としての人気も高く品種改良も盛んなんだそうな。

メダカの仲間ってまだまだ全然勉強したことがないのでさーっぱり知識がないのですが、
写真の個体は「ソードテールとプラティ(⇒プラティの仲間)をかけあわせた」レッド・ソードテールと呼ばれる種でしょうかね?
全身が単色の赤をして数ある品種の中でも特に鮮やかな種でしょうかね。

丈夫で飼育しやすいことから入門編として入りやすい魚と言われていますが、
なかなか気性も荒いところがあるそうで、ついつい「尻尾の剣をぶんぶん振り回すの?」っとか想像してしまいます。(笑)

メダカの仲間は小さいので写真を撮るのも大変ですし、
種類も多すぎてついつい避けてしまう傾向にあるわけですが…。
改良種も含めるとメダカってどれくらいの種類がいるんでしょうねぇ…
[PR]
by argon-l | 2010-04-18 02:51 | 上越市立水族博物館

タモロコ

a0012103_7265483.jpg

個人的にはモロコというと「琵琶湖の佃煮」という印象なんですがぁ。(笑)
本種もその原料として用いられている種、タモロコです~。
佃煮に用いられるのは一般的にはホンモロコと言われていますが、そのホンモロコと比べると若干ずんぐりとしているようです。
吻には一対の長い口髭があるとのことなのですが、うーん、写ってる写真がなかった…

本種はもともと愛知県以西の本州、四国に分布されていたとされていますが、
今では関東・東北・九州にまで分布を広げているそうです。
養殖用の種魚なんかに紛れて分布域を広げたんでしょうかね?
とはいってももともと綺麗な水を好む魚ゆえ、河川工事の影響等で個体数は減っている一方です。
個人的にもここ数年、河川の護岸工事の影響で葦が減り、顕著に鳥が減り魚が減ったという現状を目の当たりにしているだけに、
いくら魚たちに配慮した工事といっても限界があるんじゃ…っと感じるこのごろなわけです。
危機を感じてから元に戻すとしても、自然は壊すのは一瞬でも戻すのはその何倍、何十倍と時間が必要になるわけで…。
かんちょ的には整備の行き届いた安全な暮らしよりも、自然豊かな環境が残っているほうがいいです。
先日ぶらぶら近所の川を回る機会があって、改めて整備された川ばかりだなぁっと感じたのでありました。
[PR]
by argon-l | 2010-03-16 07:27 | 上越市立水族博物館

ナベカ

a0012103_6405292.jpg

北海道南部から九州南部にかけてと、日本に幅広く分布するイソギンポ科の魚、ナベカです。
タイドプールに最も多い種で、オオヘビガイ(蛇のように長くくねった貝)や岩穴に生息しています。
身体前半と頭部には黒い数本の縞模様があり、各鰭は鮮やかな黄色で、これがまた映えるんですよ!
なかなかどうして、綺麗なコです。
瞳も何故かいつも甘え目線でちょっと胸をきゅんとさせられちゃいます。

体長は10cm程度の種なのですが、小さくて可愛らしい魚なれど、歯が犬歯状になっていて、
噛まれてしまうとけっこう痛いらしいです。
住処は自分がすっぽり入るくらいのサイズを好むようで、そこからひょっこりと顔を出す仕草がまたたまらん!
飼育下では砂底を綺麗に掃除してくれる掃除屋さんとして重宝されていて、
もひもひとする姿にまた胸を打ち抜かれてしまうかもしれませんね。(笑)

「ナベカ」ってどういう意味なのでしょうね?
たくさんの方が由来を調べているようですが、やはり不明としている方が多いようです。
まあ、寒くなってきたし、今日の晩御飯は… 鍋か?www
[PR]
by argon-l | 2009-11-11 06:41 | 上越市立水族博物館

イソガニ

a0012103_6414065.jpg

磯遊びなんかしていると最も一般的に見られるカニでイソガニといいます。
もう名前のまんまというか、それだけ磯で見られるカニということですね。
ですが、鋏はとても大きく力も強く、挟まれるとかなーり痛いです。
水のきれいな岩礁を好み、岩の隙間や石の下などに潜んでいることが多いです。
稀に見かけても危険を感じると瞬く間に隠れてしまいます。

食性は雑食性で海藻から小魚、貝類に至るまで何でもよく食べます。
天敵は鳥・タコ・クロダイなどと言われ、その実、クロダイ釣りの餌としても用いられることがしばしばあるそうですよ。

a0012103_641545.jpg

一方こちらは隻腕のカニ!カッコイイ!!
腕がないのは残念ですが、まあ、また生えてくるしねぇ…。
威風堂々とした姿は胸高ぶりましたよ。

で、このコもイソガニと同じ水槽で飼われていたわけですが、
模様の入り方とか甲羅の形とか違うのでイソガニではないと思うのですが…
ただいま調べる元気がないので、親切な方、教えてぷりーず!
[PR]
by argon-l | 2009-09-29 06:42 | 上越市立水族博物館

アフリカンラングフィッシュ

a0012103_865355.jpg

アフリカに生息する肺魚の仲間でアフリカンラングフィッシュという魚だそうです。
魚は基本的にエラ呼吸をしますが、肺魚の仲間たちは肺呼吸をすることが知られ、
乾季の時には水が干上がっても土の中で繭を作り雨季まで耐え忍ぶこともあるそうで、
なんせ4億年もの歴史を持つ魚ですから様々な環境強い魚なのでしょうねぇ。

30分間隔くらいで水から口先を出し肺呼吸をするそうなので、
一度呼吸する様子も見てみたいものです。
[PR]
by argon-l | 2009-08-14 08:07 | 上越市立水族博物館

上越市立水族博物館

a0012103_8255145.jpg

新潟県は西部に位置する上越市。
「立つアザラシ」で話題を呼んだアザラシのジョーやマゼランペンギンの飼育数日本一を誇る上越市立水族博物館からの写真です。
生憎のかなりの悪天候で自慢のペンギン水槽を満足に観る事ができなかったのが残念ですが…
(っというか滞在できた時間も短く…)
かなりの老朽化が進んでいて深刻だと聞いておりましたが、水槽ゾーンもテーマごとでしっかり分けられていてわかりやすいですし、
高さ8m、幅13mもの大水槽はぐるっと一周一望できるようになっていて、十分見応えのある水族館でした。

水族館を出て帰るときには駐車場は満車状態で、既に駐車場待ち状態の行列になってましたが、
それほどの混雑の割には館内はそこまでの密度の客数を感じず、
いろんなところに人が分散して見られる構造になっているのでけっこう落ち着けたなぁ~って思います。
[PR]
by argon-l | 2009-08-03 08:26 | 上越市立水族博物館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]