total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:しながわ水族館( 40 )

2012.10.16

a0012103_16172562.jpg


どすんっ!


ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-10-16 22:00 | しながわ水族館

2012.7.23

a0012103_11285410.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-07-23 22:00 | しながわ水族館

ムサシトミヨ

a0012103_319650.jpg

武蔵と見よ!

・・・なにを?

あい、ムサシトミヨです。
最近保護活動も盛んなので分布域に住む方は特にちらほら名前を耳にする種じゃないかと思います。
ムサシと言うと何だか力強い感じがしますが、トミヨなだけに小さい小さい魚です。
よく見るのは5cm未満くらいの個体が多いでしょうかねー?
本種は今では埼玉県の県魚にも指定されている種で、
熊谷市にある熊谷市ムサシトミヨ保護センターでは熊谷市ムサシトミヨをまもる会の活動拠点が置かれています。

しっかし、トミヨって世界でも10種程度しかいないんだそうですが、
そのうち約半分の5種程度が日本に分布しているんですから凄いですねー。
約5種というのは、このムサシトミヨも定められた1種として扱われているのではなく、まだ学名も与えられていません。
キタノトミヨの亜種として扱われることも多いみたいですね。
トミヨたちは希少な生き物なだけにより守っていきたい生命たちですね!

ま、かんちょが語るよりもずっと素晴らしい記事をまとめてくださっているので、
興味のある方は参考記事をご覧下さいまし♪

参考: ムサシトミヨぶんぶく探検隊
[PR]
by argon-l | 2011-01-23 03:19 | しながわ水族館

ウミタナゴ

a0012103_742722.jpg

某モバイル釣りゲームに夢中だったときに、やたらとこのコが釣れた覚えがあります。(笑)
ゲームの話だけではなくて、防波堤から手軽に釣れる魚として人気のある魚、ウミタナゴです。
特に東京湾・相模湾ではタナゴ釣りが盛んなんだそうで、冬から春にかけての風物詩とも言えるんだそうですよ。
そういえばタナゴ類ってちゃんと食べたことないなぁ…。
実際に釣ってる人はよく食べている魚かもですが、あまり売ってるところも見たことがないです。
単純に見た目からは塩焼きが美味しそう♪

ウミタナゴじゃなくてタナゴ類って表現するのは、タナゴの仲間たちは外見上の見分けが慣れた人じゃないと判別し辛いので、
流通上でもけっこう混同しちゃってるそうなんですよ。「たなご」と表記して一緒くたになってしまったりね。
なので、何タナゴを食べているかわからないことも多いんじゃないだろうか?(笑)

ところでこのタナゴという名前…。
淡水魚好きな方であればピンときたかもですが、川にもタナゴとつく魚がたくさんいるんですよね。
淡水のタナゴはコイ目コイ科に分類されるタナゴ亜科の魚たちで、当館でも今までたくさんの淡水タナゴを紹介してきました。
ただ紛らわしいのがこのウミタナゴはタナゴと名乗っていても、この淡水タナゴと近縁の間柄というわけではないです。
ルックスがタナゴっぽいから… 単にそれだけの理由でこんな紛らわしい名前がついちゃったんです。
なんだろ、過去にウミタナゴが刺身で食べられるんだから、タナゴも刺身でいけるんじゃ?っと食べた人とかいないんかな…(汗)
海産も淡水産もどっちのタナゴも日本に広く分布してるしなぁ…
[PR]
by argon-l | 2010-12-26 07:05 | しながわ水族館

ハナタテサンゴ

a0012103_79739.jpg

海の中で花が群生しているかのようで綺麗なサンゴ、ハナタテサンゴです♪
というか、ビックリなのが見た目はとってもイソギンチャクっぽいんですよね~
でも、列記としたサンゴなんだそうです。
こんな綺麗な姿をしていながらも、光を嫌い、岩陰で見られることがほとんどなんだそうです。
ちなみにサンゴと言ってもいわゆるサンゴ礁を作るサンゴを想像するとちょっと違って、
褐虫藻を持たないタイプのサンゴということで、ちょっと小難しい話になっちゃいますね。(汗)
一言にサンゴと言ってもいろんなタイプがいるもんですねー。

なんと言ってもオレンジの触手がとても綺麗ですね。
この触手を広げて餌を捕獲するんだとか。
飼育も条件がちゃんと整えば比較的飼育もしやすい種だそうで、
餌もアミエビなどで大丈夫なんだとか。
視覚的に楽しませてくれるサンゴですし、水槽映えするのでいいですねー。
[PR]
by argon-l | 2010-11-19 07:09 | しながわ水族館

カスミチョウチョウウオ

a0012103_7181152.jpg

一般的にはチョウチョウウオ科の魚たちはあまり群れを作ることがないと言われていますが、
本種は珍しく大きな群れをつくるカスミチョウチョウウオです。
カスミチョウチョウウオはチョウチョウウオの中でもとりわけ珍しい種で、食生活なんかもグッと違います。
多くのチョウチョウウオはサンゴのポリプを突付いたりしているわけですが、
本種はプランクトン食で浮遊性の細かい餌を器用に食べています。
大きな群れを作るのもこの食生活に関係していると言われていて、餌を効率よく得るためには潮通りのいい場所を選ぶと必然と仲間たちが集います。
また、こういった場所には大型の魚もたくさんやってくるため、群れることで大型魚の目を欺くという役割も果たしているようです。
今まで全然意識していませんでしたが、この話をして思い返してみれば、確かに本種はサンゴを突付いたり、
砂底を漁っている姿って見ないなぁ~っと思いました。
また、食生活も知恵を上手く使って効率よく、安全に得られるようにしっかり考えて、感心しますね!!
[PR]
by argon-l | 2009-11-24 07:18 | しながわ水族館

チョウチョウコショウダイ

a0012103_4265346.jpg

コショウダイとはよく言ったもので胡椒の実を散らしたかのよう。
そして本種は本家よりよりコショウダイと呼ぶに相応しいと個人的に思う。
「蝶々」という名前の由来はこの成魚の姿からは想像がつきにくいかと思いますが、
幼魚は成魚と全然体色や模様が異なっていて、まるで蝶々が舞っているかのよう。
以前に幼魚を紹介したことがあるような、ないような曖昧な状態ですが、
いろんなところで幼魚の紹介がされているので是非探して違いを見比べてみて欲しい魚です。
特に幼魚の姿は大変綺麗なため、観賞魚としても人気が高く、フィリピンやインドネシアからコンスタントに輸入があるようです。
輸入は幼魚が輸入されることが主で、丈夫で協調性も高いこともあって根強い人気がある魚みたいですね。
個人的にも成長に伴い模様が変わっていく様を観察したいものです。

成魚はまるで豹柄を思わせるデザインをしていて、もしかすると成魚の頃から名前が付けられていたかもって思うと、
自分だったらどんな名前付けてるかなぁ?っと想像しながらニヤニヤしてます。(笑)
[PR]
by argon-l | 2009-10-18 04:26 | しながわ水族館

あ゛~

a0012103_7151232.jpg

今日はどうしても行きたいコンサートがあります。
コンサートの情報が発信されたばかりの当時は
「遠いし随分先の予定だからわからないなぁ…」
っと、諦めてチケットを取らなかったのですが…

よもや開場のご近所に引っ越してくるとは思いませんでした。(汗)

こんなことならチケット取っておけばよかった。orz
[PR]
by argon-l | 2009-09-06 07:15 | しながわ水族館

トビヌメリ

a0012103_961346.jpg

ぬめっとした物が飛んでくる…

そう考えるとゾッとしますね。

トビヌメリです。

まあ、「飛び」じゃなくて、「鳶」のようですが。名前の由来はよくわかりません。
ただ、ぬめりとはよく言ったもので、実際かなりにゅるにゅるとしています。
とっても粘液質な身体をしているのですよ。
とはいっても別段本種がぬめっとしているわけではなく、ネズッポの魚はみな同じような体質をしています。
関東から西、中部くらいにかけては「めごち」の名前でよく見かける気がします。
ネズッポの仲間はみな「めごち」として扱われるのですが、だいたい本種が多いようです。
これが関西になるとネズミゴチがめごちの代表格になるわけですね。
関東ではトビヌメリは高値で取り引きされることが多いようなのですが、中部圏では1匹20円とかでよく見かけます。
なので高値と言われてもいまいちピンとこないのですが…。どれくらいで取り引きされてるものなんでしょ?

トビヌメリは体長20cm程度にまで成長し、北海道南部から長崎にかけて、広く分布しています。
ただ、同科の魚たちはみなルックスが似ているのでもう一緒くたに扱われてしまうことが多く、
特に開いてしまってはどの種か判別することはまず無理なので「食味もそっくりだしいいか!」くらいの軽いノリ?
まあ、一種一種しっかり判別することのほうがむしろ市場的な混乱がおきそうです。
しかし「めごち」として流通することが多い中、カサゴ目にメゴチという標準和名を持った魚がいるので注意が必要です。

可愛いルックスながらも、あまりのぬめぬめ感から一見食べられるのかと思われる方もいるかもですが、
関西でネズミゴチが天ぷらで重宝されるように、本種も天ぷらは絶品!
他にも刺身・干物・煮物などでも美味しく食べられます。バターと一緒に蒸してもこれがまたうんまいんですよー!
あぁ~、そんな話をしていたらまた食べたくなってきたなぁ~(笑)

■お知らせ
写真集プレゼント企画」やってます!お気軽にご参加ください。

[PR]
by argon-l | 2009-04-02 09:05 | しながわ水族館

バンデッドシーパーチ

a0012103_9413978.jpg

えらくぶっくらしていて重量感のあるバンデッドシーパーチです。
まるで身ごもっているかのようですがどうもこれがデフォルトのようで、
こう丸々しているとついつい美味そう…っとか思ってしまいます。(汗)

展示ではバンデッドシーパーチとしか紹介されていなかったのですが、
ひとことにバンデッドシーパーチといっても色々種がいるようで、
調べてみるとブラックバンデッドシーパーチじゃないかなぁ~っと思います。
(ただ、自信がないのでバンデッドシーパーチとだけ紹介しておきます)
他にもブルーバンデッドシーパーチとかハーフバンデッドシーパーチとか、イエロー・・・以下略とか。

オーストラリアの方に分布するハタ科の魚で、よく釣られているようですので、
やっぱり食用になっているのかなぁ~。

■お知らせ
あにぱら」明後日で終わりだよ。

[PR]
by argon-l | 2009-03-26 09:42 | しながわ水族館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2017
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]