total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:城崎マリンワールド( 35 )

2012.8.8

a0012103_1511445.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-08-08 22:00 | 城崎マリンワールド

ドクウツボ

a0012103_7311937.jpg

ウツボ類は見る人によっては凶悪そうな印象を受ける方もいらっしゃいますよね。
顔の迫力や身体の色合いからしてウツボ類の中でも最も凶悪そうな面をしているのがこのドクウツボじゃないかなっと感じます。
この毒々しい体色にまさにマッチした名前!! 怖いと感じる方は夢にまで出ませんように!(笑)
もう一度見たら忘れられないような色と名前ですね!!

ただ、個人的にはウツボ類は食用になっている地域もいくらかあるので毒を持っているという印象がなかったのですが、
本種の場合はシガテラ毒を持つことで知られ、実のところ毒を持っているからの名前の由来なんだそうです。いやあ、知らなかった!!
鋭い顔つき、鋭い牙、まさにヘビのように噛み付いて毒を注入されるように思いますが、
そうではなく食べると食中毒を引き起こすというタイプなので、噛まれても毒を受けることはありません。
ご安心を!!(って、噛まれたら噛まれたで大怪我じゃい!!)
ですが、本種も琉球列島や台湾などで食用にされているんだそうです。
これは、ドクウツボのみんながみんな毒を持っているというわけではなく、環境によって毒を持つことがあるので食用にされている地域は大丈夫だと言われています。
他のウツボ類にも環境によって毒化する種は何種か知られているんですよ。
ただ、環境に左右されるから地域によっては大丈夫とは言っても、万一毒を持ってたりしたら?っと思うとちょっと怖いっすねぇ…。
とは言っても例えば多くの方に食される『ブリ』なんかもシガテラ毒を有するケースもあるので、
まあ、どんな魚を食べたって危ないときは危ないわけなんですよね。

シガテラ毒は有毒渦鞭毛藻の分布するサンゴ礁域で捕獲された魚が特に危険と言われています。
なので、南方、特に沖縄方面はこのリスクが高いと言われているのですね。
昨今は地球温暖化が騒がれる世の中ですが、実はこの地球温暖化の影響で有毒渦鞭毛藻の分布域も北上していると言われています。
魚が減ったり、もともといないハズの魚がやってきたり、今海は滅茶苦茶ですが、
減るだけではなく、いても安全性が損なわれているという話でもあるんですね。

魚大国、日本と呼ばれて歴史は長いのですが、この歴史はいつまで続くのでしょう?
魚の未来が心配です。

・・・って、ドクウツボの話から脱線してしまったなぁ…
[PR]
by argon-l | 2010-06-29 07:31 | 城崎マリンワールド

言葉なし

a0012103_6575318.jpg

[PR]
by argon-l | 2009-08-30 06:58 | 城崎マリンワールド

Pengu in bucket!! part2

a0012103_4562075.jpg

以前にも同じようなことがあったなぁ…。

バケツ輸送はもはやグローバルスタンダード!!
[PR]
by argon-l | 2009-06-10 04:56 | 城崎マリンワールド

シロギス

a0012103_927683.jpg

以前間違って紹介していた経緯があるので、改めての紹介となります。シロギスです。
初夏の魚として、もう間もなく夏の風物詩代表を飾るころですね。(どちらかと言えば春先に見かけることのが多い気がしますが)
淡白で上品な味わいは天ぷらなんかで食べられるのが一番定番中の定番かと思いますが、実に美味い!
昨今は漁獲高が減った影響かと思いますが、輸入物に頼っている傾向が強い魚です。

シロギスは「海のアユ」と呼ばれたりすることがあります。
よくアユはきゅうりの香りがすると言われたりするのですが、シロギスもそれに匹敵するかのような皮に独特の香りを持ちます。
まあ、この香りが苦手…って方もいるかとは思いますが、好きな人にはたまらない味わいなものです。

釣魚の対象としても人気が高く、稀に30cm越えまで成長するシロギスは「尺ギス」と呼ばれ、
釣人を魅了し憧れの的となっているそうですよ。

死後は若干濁りを含んだ体色に変化してしまいますが、生きている時はやや透明感のある体色をしており、
清涼感を感じることもでき夏に見るには涼しげな気分に浸らせてくれるように思います。
兎に角綺麗な魚ですねぇ。
食べる時も切り開いてみると見は雪のような美しい白身で、シロギスとはよく言ったものだなぁ~
っと違う視点からシロギスのシロギスらしさを感じていたりします。
[PR]
by argon-l | 2009-06-01 09:27 | 城崎マリンワールド

海的丑

a0012103_7271525.jpg

さてさて、お正月気分も今日くらいまでにして…

やっぱり海を代表するウシと言えばウミウシでしょうかねぇ。
そういえばウミウシも未掲載のウミウシがたくさんいるなぁ。
まあ、ぼちぼちと紹介します。今日は既出のウミウシの中からシロウミウシです。

この触角を見ているウシだなぁ~っと想像させられますねぇ。
[PR]
by argon-l | 2009-01-05 07:29 | 城崎マリンワールド

アメフラシ

a0012103_7181893.jpg

人によっては超人気者。はたまた人によっては超嫌われ者。アメフラシ
ちなみにかんちょは前者です。
触ってみるとぶにぶにとした触感がたまりません。

海のナメクジさんみたいな感じですが、貝殻が退化した貝に近い仲間なんですよー。
ウミウシとかクリオネとかもそんな感じですねー。

アメフラシは刺激を与えると紫色っぽい液体を出します。
水の中だとこれが煙幕代わりになるとか、液が非常に不味いため外敵が襲ってこなくなるとか、
まあいろいろと考えられているようです。
アメフラシという由来は諸説があり、この吐き出す液が水の中だと雨雲が立ち込めたようになるとか、
雨のときに岩場にたくさんいるからとか、そんないわれがあります。

多くの方にはきっと抵抗があると思うのですが、
アメフラシもれっきとした食用になるようで、
隠岐地方ではアメフラシを食べるという文化があるそうです。
ただ、身体の一部に毒があるという話もあり、
あまり知識のない方のトライは控えたほうが懸命なようです。
美味しいのかどうかはさておき。

ちょうどつい先日、隠岐の郷土料理のお店へ足を運んでいたので、
そこにアメフラシがあったらチャレンジしてみたかもしれませんが。

a0012103_7183595.jpg

一方こちらはアメフラシの卵。
まるでラーメンみたい!
実際「海素麺」なんて呼ばれるそうで、むしろこっちの方が見た目は食べたら美味しそう!

・・・って、今日の写真って以前にも紹介したことあるような、ないような。
振り返ってみたけど見つからなかったのねー。気のせいかな。
[PR]
by argon-l | 2008-09-02 07:18 | 城崎マリンワールド

☆特集 練り製品に利用される魚たち file.07: 『オオカミウオ』

a0012103_171833.jpg

今日は見るからに『食えるのか?』っと怪しい魚、オオカミウオです。
見てくれから怪魚を思わせる魚なのですが、捌いてみるとこれがまた強烈な臭い。
さらに『食えるのか?』という疑問が尽きません。
しかし、唐揚げにして食ってみたらコレが意外にかなり美味い魚でした。
(個人的には少々時間を置くとどんどん臭みが出てくるように感じましたが…)

さて、今日はそんな強烈な印象を与えるオオカミウオ様のお話です。
やっぱり悪臭がキツイ上に食べても鮮度がかなりよくないと身もかなり臭みを発するなどの理由から
食用としての利用がほとんどなく、市場にもまず流通しない魚であります。
しかし、海外事情を調べてみると、北欧を中心にけっこう食べられているそうです。
やっぱり臭みを感じさせないためか、フライや唐揚げにすることが多いようですが、
練り製品としての利用も高く、ノルウェーではミンチにして肉団子状にしてスープの具にするそうです。
また、フィッシュケーキと言って、この肉団子を薩摩揚げのようにしたものもあるそうなんですよ。

日本でも練り製品としての利用はあるようですが、最近は使われることが減ってきているようです。
ですが、その昔は練り製品の最高級品と言えばオオカミウオだったんだとか。
日本では北海道で見られる魚なのですが、アイヌ語で「神の魚」と言われるだけありますね!
あ、ちなみに神の魚というのは、『オオカミウオがやってくるとニシンが大漁だから』という言い伝えがあったからだそうです。
[PR]
by argon-l | 2008-02-24 01:08 | 城崎マリンワールド

ミヤコテングハギ

a0012103_8313395.jpg

う~ん、なんでしょうねぇ?
今までこんなポピュラーな魚を掲載したことがありませんですた…
大概の水族館でお目にかかれるミヤコテングハギです。
見た目もなかなか派手なので、名前を知らなくとも見た覚えはあるという人もけっこういるんじゃないかと思います。

テングハギの仲間は英名ではユニコーンフィッシュと呼ばれ、
こちらの写真を見てもらうとユニコーンフィッシュたる由縁がわかるかと思います。
一方で、ミヤコテングハギはこのユニコーンフィッシュと呼ばれる角状の突起がなくて、ちょっと異質な感じです。

全体的に鮮やかな黄色が目に入る魚ですが、尾の付け根のところも黄色になっていて、この部分は棘になっています。
派手な色を持つことで棘を目立たせているなんて言われますが、この棘、けっこう痛いそうです。

a0012103_8315920.jpg

今まで登場させてなかったみたいなのでオマケにも1枚♪(笑)
この写真は竹島水族館から
[PR]
by argon-l | 2007-09-20 08:33 | 城崎マリンワールド

ホシギンポ

a0012103_8205359.jpg

夢見心地なホシギンポ
可愛らしい顔をしていますよね。

おっとりした感じの顔でのんびりそうな性格を感じさせられますよね。
波打ち際でよく見られるのだそうですが、厳しい波の中でもジッとしているようです。
のんびり屋というか、我慢強いというか…(笑)

波はジッとしてくれるのに、カメラを向けるとジッとしてくれないです。(汗)
[PR]
by argon-l | 2007-08-06 08:21 | 城崎マリンワールド


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]