total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:屋島山上水族館( 24 )

☆特集 コツメカワウソを知ろう file.04: 『寝る』

a0012103_9235782.jpg

コツメカワウソは遊びが大好き!
お祭り騒ぎと言えるくらいはしゃぎ回って、そしてガソリンが切れたかのように途端にパタリと眠りに落ちます。
まるで無邪気な子供のよう。

一度眠りにつくとかなり深い眠りに入って、近くでかなり大きな物音がしてもピクリとも反応しません。
や、野生の本能は???
っと思えてしまうくらい、ぐっすりスヤスヤ。。。

でも寝顔がまた可愛いんだ。
[PR]
by argon-l | 2008-04-05 09:24 | 屋島山上水族館

ゆく年…

a0012103_003923.jpg

2006年の水族館ふりーくの最後の更新です。

今年もいろいろあった1年でした。
初めて行った水族館、初めて出会った生き物、初めて出会った人…
その1つ1つが大変思い出深いものとなっています。
また、仲間たちを囲んでキャンプを行ったり、
フォトコンテストでもいくつか賞を頂き、
対外的にも大変変化のあった1年だったように感じています。

ただ、水族館ふりーくの活動の延長上という意味では十分成果のあった1年ですが、
本来の水族館ふりーくの位置づけ、目標としてはさっぱり達成することができていません。
今年の目標は生き物を多角的にとらえ、より生き物たちの魅力を引き出し、
多くの方に生き物の素晴らしさを感じて頂き、感心を持ってもらうことでした。
今年の最初のうちこそは従来と違ったスタイルでの更新で始めましたが、
それを維持していくことが大変難しく結局従来のスタイルに戻ってしまいました。

もちろん今のスタイルが悪いとも思っていませんし、
これがかんちょのやり方、色だと言ってしまえばそれまでです。
しかし、水族館ふりーくのあり方、役割、できることを考えると…
何か新しい一歩を踏み出してみたいという気持ちの方がずっと大きいです。
ただそれが何なのかまだまだ漠然としていて形が見えていないのが正直なところです。

2006年は目標を達することができない年でしたが、
それを十分補うことができる経験をたくさんできたと思います。
この1年の活動を振り返って2007年はもっと大きな1年にしていけたら…っと思います。

今年も1年、とてもたくさんの方から支援を頂きました。
この場をお借りして皆様に厚くお礼をさせて頂きます。
皆様、今年も1年大変お世話になりました。
そして2007年もどうぞよろしくお願い致します。

                                  2006.12.31 水族館ふりーく かんちょ
[PR]
by argon-l | 2006-12-31 00:02 | 屋島山上水族館

お詫びとご案内

a0012103_20578100.jpg

いつも当館をご利用下さりありがとうございます。
実はここ数日体調を崩していて、昨日けっこう持ち直した様に思ったのですが、
本日病状が悪化してしまい、一人で歩くのもままならない状態です。
そこで体調が回復するまでしばらく更新をお休みしようと思います。
風邪なのか?っというとちょっと違うなぁ~っという感じもするので、
すぐ治るのかどうか…
なんとかこの更新だけして、しばらく安静モードに入りたいと思います。

いつも楽しみに遊びに来てくれる皆様には申し訳ございませんが、
何卒ご了承願います。
[PR]
by argon-l | 2006-12-17 21:02 | 屋島山上水族館

ネッタイミノカサゴ

a0012103_21251489.jpg

今日はただいまリニューアル工事のため休館中の屋島水族館から。
ネッタイミノカサゴさんです。
ミノカサゴとは違い長い胸鰭が糸状に伸びています。
体長も20cm程度にまで成長しますが、ミノカサゴと比べるとちょっと小さめです。
幼魚は体長3cm程度で鰭が物凄く透き通っていて綺麗です。

この胸鰭にはやはり毒があり外敵からの危険を守るのに役立っています。
ただ、激痛はあるもののそこまでひどいものじゃないらしく、
刺された場合は傷口を綺麗に洗ってお湯つけておくといいそうです。


リニューアル中の屋島水族館ですが、何やら工事はかなり大掛かりなものになっているそうです。
この短期間にどこまで生まれ変わるのか…
気になるところですね。
リニューアルしたら早速行きたいなぁ…
[PR]
by argon-l | 2006-11-13 21:25 | 屋島山上水族館

一時休館のお知らせ

a0012103_18275548.jpg

休館と言っても当館が休館するわけじゃありません。
山上にあるというちょっと珍しい屋島水族館が9/30をもって休館することとなりました。
運営会社が代わり、10/1から12/20ごろまでリニューアルを行うそうです。

確かに屋島は観光としても昔と比べて客足が減っているようですし、
水族館もお世辞にも流行っている水族館とは言えないです。
混雑時でもゆったり見られますからね。(^^;
施設も老朽化が進んでいますし、まあ頃合と言えば頃合なのかも…

でも、個人的には屋島山上水族館の雰囲気はすごく好きです。
これが生まれ変わってしまうのですから、期待以上に不安が大きいです。

イルカショーがあんなに間近に観られるとこって他にはないと思いますし、
アシカショーのクオリティも半端なく高いです。(個人的にはナンバーワンと思っています)
なにより、カワウソの犬小屋展示もなくなっちゃうのかな…

ショー形態が変わることはないんじゃないかって思うんですが、
イルカプールも新設されちゃうんかなぁ…

今回のリニューアルにあたりカワウソのくにしげくんは残念ながらお引っ越しとなってしまいました。
ペンギンたちもみんなお引っ越しだそうで…

兎にも角にもどう生まれ変わるんだろう…っとハラハラしておりますが、
よいところは残しつつ、リニューアルしてよかったな…っと思える様生まれ変わって欲しいです。

≪屋島水族館についてちょっとお話≫
[PR]
by argon-l | 2006-09-29 18:32 | 屋島山上水族館

水族館イズム?(笑)

a0012103_2118283.jpg

今日はかんちょの考えるかんちょの水族館についてお話します。

世に無類の水族館好きという人はたくさんいらっしゃいます。
はたまた水族館なんてこの世に必要ないという人がいるということもよくわかっています。
このように対立的な意見はもとより、同じ「好き」でも様々な方向性を持った人がいます。
そして、かんちょにはかんちょなりの美学があると自負しているつもりでいます。
かんちょの考える水族館とは「きっかけ」です。
正直、難しいことを考えても素人のかんちょたちが手出しできることはほとんどありません。
しかし、一緒に考えていくことはできます。
この世の中というのは食物連鎖で成り立っています。
食べる側がいて、食べられる側がいて初めてみな生きていくことができます。
水族館の人気者の一例としてイルカを例にあげてみますと…
自然界のイルカはいろいろな魚たちを捕食して生活しています。
生態系というのは複雑なためあくまでも非常に単純に話した場合、
イルカがこの世からいなくなってしまったとしたら、
アジを捕食する者がいなくなってしまうため、アジは爆発的に増えてしまいます。
アジは増えすぎてしまうと今度はアジが捕食する生き物がいなくなってしまいます。
つまりアジたちも生きていけなくなってしまうということです。
逆にアジがいなくなってしまえばイルカたちは餌がなくなってしまうので、当然生きていくことができません。
こうして食べる側と食べられる側という者がしっかりいてこそ自然界は成り立っています。
もちろんこの構造は非常に単純に話した場合なので、自然界はもっと複雑なわけですが…
しかしながらこのバランスを崩す者がいます。
それは人間です。
人間はどうしても目先だけの欲にとらわれてしまう生き物です。
だからこそそのツケがどんどんどんどんと大きくなっていきます。
本題に戻しましょう。
例えば水族館でイルカがいなかったとします。
私たちの日常生活の中でイルカを見かける人っていうのは極一部の人だけでしょう。
水族館にイルカがいなかったらイルカを知る人の絶対数は激減します。
それこそ知っていても名前くらい知っている程度で
「どんな顔してたっけ?」っと言う人が圧倒数になるんじゃないでしょうか?
当然知る人がいなければ守ろうと考える人もいなくなるでしょう。
つまり水族館とは知るきっかけの1つなんだとかんちょは考えております。
狭い水槽に閉じ込められて可哀相、ショーで使われて可哀相、そう考える人もいることでしょう。
もちろん、よりよい環境で飼育してやる努力は必要かと思います。
でも、そういう犠牲なくしては守っていくことはより困難になるんじゃないかと思います。
まあ、いろいろとだらだらと述べましたが、難しく考えることはありません。
知ることこそが第一歩なんだと思います。

≪さて、本日のメインです≫
[PR]
by argon-l | 2006-09-03 21:28 | 屋島山上水族館

迫り来る脅威!!

a0012103_23114097.jpg

「ガオーン!!」
っと襲いかかってくる瞬間…

ファイナル○ァンタジーとか、こういうアングル好きですよね!(笑)

≪襲い掛かる脅威!!≫
[PR]
by argon-l | 2006-08-24 23:17 | 屋島山上水族館

これにて終了!!

a0012103_22113256.jpg

今回の旅行もいよいよ大詰めです。
カワウソツアーの最終日を飾るのはここ、とても楽しみにしていた屋島山上水族館です。
いきなり大胆な寝姿でお出迎えしてくれました!!(笑)
ここはもちろんカワウソに会うのも楽しみでしたが、
ここではドルフィンスイム(無料・予約制)もやっていまして、
イルカたんたちと一緒に楽しく泳いできました。
しかし、自分のあまりにもの体力の低下にかなり凹んでみたり…
(去年以上に泳げなくなっていた…)

≪なんてたって犬小屋~♪≫
[PR]
by argon-l | 2006-08-21 22:19 | 屋島山上水族館

レッドテールキャットフィッシュ

a0012103_21462470.jpg

レッドテールキャットフィッシュさんの正面顔~♪
いつ見てもひょうきんな顔つきです。(´▽`)
ナマズの仲間なわけですが、とにかく大きいしよく食う、よく食う!!
お食事シーンなんて迫力そのものですよ。
与えたら与えられただけ食っちゃう、そんなイメージさえ持ちます。

【写真】 レッドテールキャットフィッシュ
【場所】 屋島山上水族館
[PR]
by argon-l | 2006-03-23 21:50 | 屋島山上水族館

唄うホッケ♪

a0012103_21524385.jpg

まるで歌を唄っているかのようなホッケさん♪
すいません、以前登場させたホッケとあまり変わり映えのない写真です。orz
ただ大きい写真で出したかっただけです。

やー、ホント可愛いし、綺麗だし、たまりまへんなぁ~(´▽`)
ホッケ最強!!

そんなホッケももうすぐ最盛期を迎えます。
もっとも美味しい時期ですねぇ~
一般的には干物にされたものを食べます。
ホッケはとにかくアシが早いんですね。
でも、ホッケはやはり刺身が最上~♪
今ではすっかりホッケ刺身が大好物なかんちょです。
浜松オフでみんなにホッケの刺身を食べてもらおうと思って、産地、北海道に問い合わせてみた。
んが、やはり刺身で食べられるものを送るのは難しいっちうことですばい…(´・ω・`)
やはり生きたものを空輸するしかダメっちうことでしょうかねぇ~ε-(;ーωーA

【写真】 ホッケ
【場所】 屋島山上水族館
[PR]
by argon-l | 2006-03-02 21:53 | 屋島山上水族館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2017
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]