total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:美ら海水族館( 94 )

2012.10.31

a0012103_2022422.jpg


更新が追いつかないので、今日は手抜きで失礼。
[PR]
by argon-l | 2012-10-31 22:00 | 美ら海水族館

2012.10.12

a0012103_15502237.jpg


今日は手抜き更新。


ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-10-12 22:00 | 美ら海水族館

2012.7.13

a0012103_1721153.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-07-13 22:00 | 美ら海水族館

2012.6.16

a0012103_22162144.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-06-16 22:00 | 美ら海水族館

ロウソクチビキ

a0012103_17461346.jpg

それはもう「血引」というくらいだから真っ赤なお魚、ロウソクチビキです。

え、写真じゃどこが赤いのか全然わからんって?
そうだよねぇ…。

本種は水深200~360m程度の深い海に生息している魚で、
これくらいの生息域の魚になるとすいぞっかんとしては『ザ・深海魚』として脚光を浴び、
それはもうムーディ(?)に極端に薄暗くされた水槽に妖しげに青いライトを落とされた水槽に展示されるのが定番です。
毎度よく使われる青いライティングは「?」と思ってしまうのですが、
薄暗くされた水槽は彼らが生息している環境を思えばこれはこれでアリな展示なんでしょう。
また、一般ウケもいいと思います。

ただ純粋に「魚を見た~い!!」というかんちょの様なタイプだとこの手の展示は最悪の天敵!
写真は満足に撮れないし、写真のように魚の色はさっぱりわかんないし、
というか魚の細部まで見えないからチャームポイント特徴的な部分の観察もできない。
どちらが水族館としてあるべき姿とか、どちらが正しいとか、そういうことを言うつもりはないのですが、
水族館全体として前者のが圧倒的傾向にあるので、もう少し明るい水槽で「魚をしっかり観察できる」展示をしてくれる館が増えると嬉しい。

残念なことに写真ではロウソクチビキの魅力をお伝えすることは叶いませんが、
是非ちょいと「ロウソクチビキ」とグーグル先生にお尋ねしてみてもらいたい。
それはもう鮮やかな、張りのある十代のようなツヤのある肌をしたロウソクチビキの写真がゴロゴロ見られるでしょう。


分布は南日本から南へ、そしてオーストラリアにかけてまで広く分布しているそうです。
南日本というのがけっこう曖昧な表現ではありますが、
ざっと調べるだけでも中部地方でもけっこう水揚げはされているようなので、
熱帯~温帯地域にかけて分布しているのかな?
小魚であることや、なかなか弱そうな魚なので生きて水揚げされることは少ないでしょうし、
水族館で展示されるようなことは稀ではあるとは思うのですが…

味はアジの劣化版だとか、サバの脂が抜けてサバサバした感じというようなニュアンスの残念な意見もありますが、
鮮度がよければ大変美味しい魚でもあるようなので、かなり状態を選ぶようですね。
味の話はさておいても、DHAやカルシウムが大変多く含まれている魚らしいので、お子さんたちには強い味方!
や、怒りっぽい人や骨の弱い人も是非ロウソクチビキを食べて心も身体も元気になろう!

「ロウソクチビキなんてなかなか売ってないよ!」とか「食べる機会なんてないよ!」という声も聞こえてきそう。
だけど、10年ほど前からロウソクチビキは練り製品の条件にいいことから製品化の試作が繰り返され、
しっかり製造ラインに乗っかっているようです。
知らず知らずのうちに口にしているかもですよー!
[PR]
by argon-l | 2012-04-26 17:46 | 美ら海水族館

コトクラゲ

a0012103_1652645.jpg

先日美ら海すいぞっかんへ行ってきたと話題したときに、
「特に紹介できる写真がないわー」
っと大胆発言してしまったのですが、大事な写真を忘れとったわ…
めんごめんご!

ってなわけで、今日は珍クラゲ中の珍クラゲ!コトクラゲというレア種です。
業界関係者じゃないとあまり知らないことかもしれませんが、昭和天皇はクラゲ研究者として大変著名だったそうです。
その昭和天皇により約70年ほど前に初めて発見された種なんだそうです。
当時は動物なのか全く正体がわからなかったんだとか。
そして今日に至るまでほとんど発見例がないので、水族館での展示もこれが2例目(?)くらいです。(1例目は新江ノ島水族館だそうで)

「琴」と名前についているように、U字型の形をしておりその姿が琴に見立てられています。
このクラゲは発見例が少ないというだけではなくて、あまりにクラゲっぽくない特徴があります。
クラゲと言えば海を漂うが如く浮遊生活者の印象が強いですが、なんと言ってもこのクラゲは泳がない!
浮遊生活をすることなく、底質に付着してただただジッとしています。
そして長い触手を伸ばしては餌を捕まえるのだそうだ。
この触手は大変強固に餌を付着させることができるんだそうで、主にオキアミを捕えているそうだ。
見た目からはなんとも想像できないもんですわ。

個体によって色も多様だそうで、いぼ状突起を持つ個体もいたりするそうです。
不思議な生き物なだけに、これからさらに面白い事実がわかるかもって思うと、
今後の研究が進んでいくのが楽しみな生物ですね。
[PR]
by argon-l | 2012-03-21 16:05 | 美ら海水族館

シラナミガイ

a0012103_752866.jpg

シャコガイの仲間でシラナミガイです。
・・・っと言いたいところなのですが、今日はちゃんと合っているのかさっぱりわかりません。
ご存知の方、特徴などを教えてくれると嬉しいです♪

綺麗ですよねー。
うち、貝類図鑑がないのでろくに調べることもできませんでしたが、
もうこの美麗さに見とれて写真を公開することにしちゃおうというノリです。

当館では今までシャコガイ類の仲間としてオオシャコガイヒレシャコガイヒメシャコガイなどを紹介しておりますが、
これらシャコガイの仲間たちは体内に藻類を共生させているんだそうです。
この藻類がいることで、藻類は光合成をして数を増やし、この藻類たちが生産する酸素や有機物を得ています。
んもうなんて便利なシステムなんでしょうねー!!

最近かんちょも急激に成長してて、お腹に藻類でも共生し始めたんかねー?
というか、相変わらずかんちょは急減量・急増量を繰り返すので、これどうにかならんかねー?
20~30Kgくらい平気で増えたり減ったりするよ!マ・ジ・でっ!!
[PR]
by argon-l | 2011-01-27 07:05 | 美ら海水族館

ハナハタ

a0012103_721382.jpg

やー、あまりに暗い写真だったので出そうか悩んだのですが、
展示としての写真がネット上で見られなかったので、珍しい機会ということで出すことにしました。
モニタによっては暗すぎてさっぱりわからんかもですが、そんな人や興味のある人は是非検索してみてくださいな♪
ハナハタというハタ科の魚で、水深150mのところから採集してきた個体なんだそうですよ。
沖縄では釣りメインで漁獲され、けっこう食卓定番魚なんだとか?
うぬぬ、なんて贅沢な!沖縄人め!海人め!w
ってか、沖縄はホント、ハタ科のラインナップが充実しているからなぁ~。
市場をぶらりとするだけでもあれやこれやといろんなハタ科の魚が見られます。
もちろん本種も見た覚えがありますなぁ~。

あ゛~、うちにある図鑑にも載ってないので、これ以上は書くことがないやー。
とりあえずユカタハタ属の魚なだけに、優雅というか本種の場合は真っ赤でとにかく派手なお召し物でございます。(笑)
[PR]
by argon-l | 2010-12-19 07:02 | 美ら海水族館

オビブダイ

a0012103_76678.jpg

相変わらずブダイ系は同定が難しい…。
オビブダイでいいと思うのですが… ぐはっ。

ブダイは方言で「ばんど」と呼ばれることがありますが、
帯も英語でbandと表すこともできるわけで、その名も『ばんどばんど』。ぐはっ。

オスは黒っぽい縁で尻鰭中央上にある淡縁色横帯の上部が鮮やかな黄色で目立つということなのですが、
写真のコもなんとなく黄色が見える気がするのでオス型でいいのかな?
まあ、なんしか顔は真っ青なので酒気帯びブダイみたいな感じですが。(や、ここまで真っ青だったら酒気帯びじゃすまんか…)
尾美ブダイと言うには尾よりも胴回りの方が綺麗だしな。(笑)
色々と解釈できて楽しい名前を持ったコなのですが、純粋に身体に帯が入るところから呼ばれているんでしょうね。
特に名前の由来になっているのは幼魚の頃の特徴が最もだと思うのですが、
この頃は成魚のような真っ青ルックスじゃなくて、赤褐色の体色をしていて、
淡褐色の三日月形横帯が5本走るところにあるんだと思います。
ボディが波打ってるみたいで、これはこれでかっこよかったりします。(個人的には幼魚ルックスのが好きです)

写真個体のようなオスはもともとクロスジブダイと呼ばれていた経緯があるようなのですが、
どうやら幼魚はメス型と同一種とわかって改められたみたいですね。
気分的には幼少期の頃にお母さんに見知らぬ成人男性を指して
「実はあのおじさんがアナタのお父さんなのよ」
と衝撃的告白をされる気分でしょうか。
人間の例えだととっても重い話になっちまいますが、
魚ってのは性転換したり、外見から雌雄の判別がつき難かったり、
老若雌雄でさっぱり見た目が違ったり、人間じゃありえない世界を持ってるからなぁ。

本種は高知県、小笠原、琉球列島などに分布しているブダイで、
35cmくらいまでしか成長しないみたいなのでブダイとしては小さい方かな?
本種は食べたことないのですが、ブダイはけっこう淡白で美味しい魚なのでそれなりに期待はしてもいいかも。
ただ水っぽさを感じるブダイが多いので、加熱調理をする食べ方のが美味しいかも~
[PR]
by argon-l | 2010-11-09 07:06 | 美ら海水族館

イロブダイ(成魚)

a0012103_6343591.jpg

よっ!色男!!

っと男性を褒めちぎると男は喜ぶものですが(笑)、このコは褒めてあげたくても伝わらない。
いい身体してんのになぁ~(←って、なんだかエロイ発言だな。)
そんなわけで今日はイロブダイです。
このコもまた幼魚と成魚では全く姿の異なる魚なんですが幼魚も成魚もどちらも魅力的な色合いをしとります。


でも、徐々に色が変わっていく様子を想像できる範疇ならまだしも、

なにこれ?

ってくらい劇的な変化、まるで劇的ビフォーアフターを見ているかのような変わりっぷり!
人間いくらお金積んでもここまで変われないよ!ってくらい奇跡的な変化ですよね。
もうね、こういう魚は我が家に置いて日々どう変わっていくものか観察したいですね。

成魚になったときには
『よっ!色ブダイ!!』
っと声をかけてみたい。
[PR]
by argon-l | 2010-10-03 06:35 | 美ら海水族館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
お気に入りブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]