total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:東海大学海洋科学博物館( 41 )

2012.10.2

a0012103_1875575.jpg



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-10-02 22:00 | 東海大学海洋科学博物館

2012.9.10

a0012103_15291823.jpg


食欲の秋到来!いつでもカモーン!!

って、まだまだ暑いねぇ…



ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-09-10 22:00 | 東海大学海洋科学博物館

2012.9.1

a0012103_1111022.jpg


9月です!
早いもので今年もあと3分の1になっちまいました。

アクセス数がじわじわと増えてきました。
一時更新を停止しましたが、6月中旬からとりあえず更新だけでもと復活、もうすぐ4ヶ月。
こんな手抜きながらもまた見に来てくれる人が増えて嬉しいかぎりです。

にしても以前はどうやってここを維持していたんだろう…
毎日ちゃんと更新して、コメントのお返事を書いて、他ブロガーさんにお邪魔したりと。
でも今は全然余裕がない。いろんな意味で。

そして今年は全然すいぞっかんの撮影にも行けてない(汗)
まあカメラの調子も悪いからやる気も出ないってのもあるんですが。
はよカメラも世代交代したいですわ~

とまあ、そんなわけでまだまだローペースで頑張ります。
[PR]
by argon-l | 2012-09-01 22:00 | 東海大学海洋科学博物館

アミモンガラ

a0012103_14481142.jpg

あー、フグ目が続いてしまいましたが… 今回はアミモンガラです。
同カワハギ科のおいすぃ~魚、ウマヅラハギってのがいます。
個人的に刺身・お鍋に絶品な魚と高評価の魚で、
先日「鍋で食べたぁ~い♪」っと思って買ってきたわけですが…
お腹をひらいてみたら大変な藻喰いで、これが臭いのなんの…。
身までその臭いが染み付いてしまっていて、とても美味しく食べられたもんじゃない…。
このようにお魚は漁場によっては美味しいハズの魚が大変美味しくない魚に激変してしまうのですが、
買うときにお店の方から情報をいただけなければお腹をひらいてみないとなかなかわからないので難しいもんです。
ちなみにその前は「お刺身で食べたぁ~い♪」っと意気揚々に帰って捌いたところ、
大変な内出血をしていて身に血が染みこんでしまって、これまた食えたもんじゃない…
白身の魚が赤身かっちうくらい真っ赤で残念な思いをしました。
魚の目利きのプロの人はホントすんごいですねぇ~

本種アミモンガラではなく、同科のウマヅラハギの話で染まってしまいましたが…
本種も食べられるそうですが、獲れる期間が非常に短期で集中的に水揚げされるそうなので、
あまり市場では見かけることのない魚だそうです。
ただ、大変安値で取引されるそうです。
スーパーなんかではハギ系の魚はばっちり皮を剥いで、頭を落として売られていることが多いので、
もしかしたら知らないうちに食べてる…なんてこともあるかもですね。(笑)
あ、ちなみに市場ではあまり見ないというか、水族館でもあまり見た覚えがない魚ですねぇ。
[PR]
by argon-l | 2011-10-31 14:49 | 東海大学海洋科学博物館

モンツキハギ

a0012103_76794.jpg

ハッピーマンデーは認めない!
っと先日申したばかりのところですが、本来だったら今日が成人の日ですねー。
成人式を迎えたみなさま、おめでとうございます♪

というわけで、成人式には紋付の萩でお祝いをしましょう♪
なんて言いながら、同じようなギャグは以前にもやったばかりで…。

それにしても男性が成人式に袴で行くのって最近はめっきり少ないですよね?
ってか、昔からそういなかったでしょうか?

よくよく考えればかんちょって成人式って出席してないなぁ…。
20歳の頃… めっちゃ忙しかったなー。学生だったのに…。
多分、今までの人生の中でも最も日本中あっちこっち飛び回っていた年だったと思います。(笑)
成人式に出席してないということもあり、「成人したんだなぁ…」という実感があまり持てなかったっけね。
みなさんが大人になったなぁ…っと感じたのはどんなときでしたか?


あ、全然モンツキハギの話してなかったや!!
んもう、水族館では超ポピュラー種ですね!
たいていの水族館で見かける魚です。
でもね、あっちう間に体色をガラリと変えるのですんごくびっくりするだよ。
この写真のような色から、一気に真っ黒になるよ。
一瞬で真っ黒焦げになったかのような…
まるでコントで丸焦げになった人みたい?
[PR]
by argon-l | 2011-01-15 07:06 | 東海大学海洋科学博物館

セグロチョウチョウウオ

a0012103_729267.jpg

今日はちょっと暗い写真ですいません~。
目元が道化師みたいで面白いコですよねー!なんだかこれから笑わせてくれそうな予感がします♪
個人的にはピエロチョウチョウウオとか名づけられてもよかったよ。うん。(笑)
で、ホントのところはセグロチョウチョウウオと呼ばれている種で、

もうそのまま背部が黒くなっているのが特徴的なコなんです~。
お腹が黒くてハラグロと呼ばれるハメにならずによかったってとこかな?w

目元からピエロのように例えましたが、この眼を通る黒い帯は成魚になるにつれて小さくなっていくもので、
幼魚の頃はもっと大胆に長く太く走っているんです。
それでこそ「目ん玉どこ?」って感じです。

それにしても、例えばセグロチョウチョウウオであれば一様に背部には黒い模様が入り、

その縁をなぞるかのように体側には白いラインが走り、眼には黒いラインが通り…
人間であればほくろとかしみとか、位置・大きさ・形は人それぞれですが、
魚たちは同じように模様が入っちゃうのも不思議ですよねー。
(もちろんどの魚もってわけではないですがー)
それでこそ模様の入り方なんて個体個体で違ってもおかしくないのにねー。
人間であればマユゲがあるとか、爪があるとか、そういうのと同じような感覚なんでしょうかねー?

今日から数日出張ります。
レスはできる日にさせて頂きます~。(本日おやすみです)
更新は毎日あるよー

[PR]
by argon-l | 2010-11-24 07:29 | 東海大学海洋科学博物館

スカンクアネモネフィッシュ

a0012103_6504846.jpg

スカンクだなんてえらい名前をつけられちゃったもんだなぁ。
悪臭放つの? 放っちゃうの???
思わず問いかけたくなっちゃうスカンクアネモネフィッシュです。
って、基本的に魚は生臭いか!w

実際のところはスカンクみたく悪臭を放ったりするような魚ではないのですが、
背中の白いラインがスカンクの特徴を思わせたからなのでしょうかね?
両者は生息域も全く異なりますし、活動圏も違うのに、随分なところから大胆な抜擢ですね!
少なくとも現地の人からすれば「スカンク???」ってなる人も少なくないんじゃなかろうか。
あ、ちなみに本種はアンダマン海、ジャワ海、スマトラ島南岸のインド洋、アフリカ東岸などに分布しているそうです。

スカンクアネモネフィッシュと比べるともっと直球な名前を持ったセジロクマノミという種もいます。
両者はよく似ているのですが、セジロの方が名前が直感的でいてわかりやすいですね~♪
ちなみに自然下で一部地域を除いて分布域は全く異なるので、基本的には一方の地域には一方しか生息してません~
[PR]
by argon-l | 2010-10-02 06:51 | 東海大学海洋科学博物館

ヤイトハタ(成魚)

a0012103_6545929.jpg

以前紹介したヤイトハタが若魚なので、今回は立派に成長した成魚を♪
どう? 顔つきも貫禄が出て、重量感も増して存在感がありますよね!

ヤイトハタは大変美味な魚と言いますが…

食いたい… 食いたい…

でも、本種はそうそう手に入る魚種じゃないので…

近い願望を満たすべく…

行ってきました!!


贅沢倶楽部の贅沢妄想コンテスト、なんと最終選考まで残っちゃいました!!
これもひとえに皆様の応援のお陰です。ありがとうございます~♪
で、昨日は最終の面談に突撃してきました!!採用結果は今月中に出るかと…。
ここまできたからには是非採用していただきたい! お願いしますよー、審査員の方々~(笑)

で、久々の上京だったので、面談の前後を絡めて水族館を3館、強行巡りしてきました。
というわけで今日はクタクタ…。もう廃人のようです。w
[PR]
by argon-l | 2010-09-22 06:55 | 東海大学海洋科学博物館

ウミヒルモ

a0012103_733354.jpg

あたしゃあ、ずっと人工の海藻かと思ってましたよ。
だって、見た目が凄くプラスチックっぽい材質な感じなんですもん。
で、その正体はウミヒルモというそうだ。
これがまた不思議なもので、海藻なのかと思いきや元々は陸上の植物で進化していく中で海で生活するようになったんだとか。
進化ってたいてい海から陸へ行くケースがほとんどですが、こう逆のパターンってのも珍しくて、
何かと不思議な生き物ですわい。
種子植物なので海の中で花も咲くんですよーー!!

葉は2枚ペアで内湾域の砂地に生えています。
日本では石川県以南の日本海沿岸、中部地方以南の太平洋沿岸に分布していて、
熱帯域から温帯域にかけて分布しているので日本が北限にあたるそうです。
ただウミヒルモも日本では当たり前のyおうに見られていたものでしたが、
汚染や埋め立ての影響で個体の減少、分布域の縮小など、準絶滅危惧種に指定されております。

また、ジュゴンが好んで食べる海草としても知られていて、
南方のウミヒルモは大群落を形成するので、そこでジュゴンが食べたあとは溝ができたかのように見えるので、
ジュゴントレンチと呼ばれるんだそうですよ。
本来大食漢のジュゴンを賄っていけるくらいの繁殖力ですから、
生産能力が高いはずなのですが、それすらも追いつかないほど減少へと追いやっているのですから、
人間のやっていることは如何に悲惨なものかっちう話です。はい。
[PR]
by argon-l | 2010-09-20 07:03 | 東海大学海洋科学博物館

バリアリーフアネモネフィッシュ

a0012103_6235495.jpg

バリアフリーなクマノミがいよいよ登場しました!!
やややや、違う違う!!バリアリーフアネモネフィッシュというクマノミの仲間です。

バリアリーフというとオーストラリアにある世界遺産、グレートバリアリーフを思い浮かべるわけですが、
やっぱりこのクマノミもそんな名を冠しているだけにグレートバリアリーフを主に生息域としているようです。
そんなわけである意味世界遺産的なクマノミですなぁ。

ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思うのですが、グレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁なんて呼ばれますね。
サンゴ礁と約900の島々から成り立っているんだとかで、南北の距離はなんと2600Kmにも及ぶんだとか。
ちなみに日本は宗谷岬から沖ノ鳥島までで約2800Kmなので、ほぼ日本と同じ南北の長さを誇っているんだから凄い!!
日本は小さな島国ではありますが、南北の距離だけで言えば北半球で日本より長いのは中国くらいだって。知ってました?
圧倒的な領土を誇るアメリカやロシアよりも南北だけで言えば日本の方が長いそうで。
世界地図を見るときって大抵平面のメルカトル図法を見ることが多いので、縮尺からしてピンときませんよね!(笑)
でも地球儀なんかを見る機会があれば日本領土をじっくり見てみるといいでしょう。
日本って… ホント… 南北に長い領土を持った国です… ぐはっ!


ちなみに、映画で有名になった『ニモ』。
これは専らカクレクマノミがモデルになったということで定着していますが、
実のところ本種がモデルになっているという説もあるんだそうですよ。
さてはて、みなさんはどちらを想像しますか???
[PR]
by argon-l | 2010-09-07 06:24 | 東海大学海洋科学博物館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]