total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:いしかわ動物園( 10 )

ヌマガレイ

a0012103_659414.jpg

沼にもいるからヌマガレイ!!

カレイと言えばたいていの方が海にいるものと感じていらっしゃるかと思います。
本種は汽水域に生息するカレイで、その関係で河川や湖沼にまでやってくることもよくあるようです。

以前紹介したマツカワが実はこのヌマガレイでした…。(汗)
というわけで実質2度目の登場でもあります。はい。
(今度こそマツカワの写真も撮っているので、こちらも紹介せねば~)

海ではなく川や沼にまでいるというのも面白いのですが、このカレイにはもう1つ面白い話があります。
皆さん、ヒラメやカレイの見分けには「左ヒラメ・右カレイ」という言葉をよく用いるかと思います。
ですがこれは日本に限って用いることのできる見分け方で、海外へ行くと『左カレイ・右ヒラメ』だったりすることもあります。
で、本種はその左カレイという珍しい種でもあるわけですねー。

・・・じゃあ、ヒラメとカレイの違いは何?

「左ヒラメ・右カレイ」の例えは腹を地面につけた状態で顔がどちらを向いているかとよく例えられますよね。
なのに『左カレイ・右ヒラメ』がいたりするのは、生物学的には視神経の交差の仕方でカレイとヒラメに分けられるんだそうです。
カレイもヒラメも共にカレイ目に分類される魚なのですが、そのグループの中に最も原始的なボウズガレイという種がいます。
ボウズガレイの場合、目が右なのか左なのかというのも決まっていないんだそうです。
というわけで見た目でヒラメかカレイかという判断をしてはいけないわけなんですねー。
[PR]
by argon-l | 2010-06-21 06:59 | いしかわ動物園

味噌じーちゃん!

a0012103_0174463.jpg

あひゃ!30になっちまっただよ!!

というわけで、三十路という節目を迎えました。・・・本日。

ついに大台に乗るぞー!
っと思ったものの、別段、昨日と何ら変化のない1日。
って、昨日から三十路になることで劇的な変化がある方が怖いのですがね。

いつもなら節目節目はカワウソに登場してもらっていますが、
たまには別の大好き生物をと思い、今日は大人の階段を上ったこともあり、
ちょっぴりアダルティーなオオハシさんです。

三十路に乾杯♪

というわけで、今日はこれからたくさんの人に囲まれながら、強制お誕生会です。
詳細は後日!!(他所のブログで。) ←他人任せ。

よーし、呑むぞーーー!!!!
[PR]
by argon-l | 2008-06-08 04:55 | いしかわ動物園

サクラマス

a0012103_8101438.jpg

昨日紹介したヤマメの話の延長です。
ヤマメは海へ下らずに河川にとどまるものたちのことを指しますが、
その一方で海へ下る者たちはサクラマスと呼んでいます。

で、実際問題、こうやって幼魚の頃の展示が行われ、サクラマスと紹介されても、
「どうしてこの種が川にとどまらずに海へ下るとわかるのだろう?」
という疑問が尽きませんでした。
気になって調べてみたのですが、なかなかそれらしい理由が見つからなかったのですが…。
サケ類の幼魚にはよくパーマークという言葉が用いられます。
パーとはサケ類の幼魚のことを指すらしいのですが、多くのサケ類の幼魚には小判型の暗色斑が並びます。
この斑のことをパーマークと呼んでいます。
基本的にはサケ類は成熟するとこの斑が消えてしまいますが、
ヤマメやアマゴイワナと言った川に留まるものたちは斑を残したまま成熟します。

じゃあ、ヤマメとサクラマスの幼魚の頃の違いはあるのか?っということですが、
ヤマメに対しサクラマスのパーマークはヤマメの斑より大型で、
サクラマスの場合は7~10程度の斑が並びますが、ヤマメの場合は斑が小さく、数もそれ以上になるようです。
ただ、これが正しい考え方なのかわからない…。
ちゃんとした違いをご存知の方、教えてぷりーず…

ヤマメは湖やダムで生息した場合は30~40cm程度にまで成長することもあるそうですが、
通常は20cm程度にまでにしか成長しないです。
一方、海へと下るサクラマスは最大で70cm程度にまで成長し、重さも10Kg程度にまで成長するそうですよ。
川で生活し、海へと下る頃になると斑紋が消え、体色も銀色へと変化してきます。
繁殖期になると婚姻色として桃色がかった体色に変化すると言われています。
[PR]
by argon-l | 2008-05-03 08:11 | いしかわ動物園

ヤマメ

a0012103_8152243.jpg

「山女」、もしくは「山女魚」と書いてヤマメ
渓流の女王とさえ言われ、女性のような美しさを持った魚と例えられることがあります。
渓流釣りの対象魚として人気が高く、また川魚の季節になるとスーパーにも並ぶことが多いので、
皆さんも一度はお目にかかって、食べたこともあるのではないでしょうか。
ですが、これだけポピュラーな魚でありながら、実際何も言われずに出されると「イワナ」「アマゴ」「ヤマメ」と区別のつかない方も多いのではないでしょうか。
というわけで、是非アマゴイワナの特徴と見比べてみてください。

サケの仲間たちは川を下り、海で生活し、産卵のために再び川へと戻ってくることが知られていますが、
ヤマメはサクラマスが海へ下らずに河川にとどまる「陸封型」と呼ばれるサクラマスがヤマメと呼ばれています。
そのため、栄養豊富な海へと下るサクラマスは大変大きく成長しますが、河川で生息するヤマメは体長20cm程度にとどまります。
アマゴとヤマメは大変似ていますが、ヤマメにはアマゴのような朱点が身体に散らばっていません。
そもそもはアマゴとヤマメは分布域が分かれていたそうなのですが、
昨今放流が盛んになったこともあり、分布域が乱れてしまい、地域によっては交雑種が見かけられることもあるそうです。
交雑種は見事両者の特徴が出ていたりするようなのですが、こういった場合、どういう扱いをしたらいいのだろう。
[PR]
by argon-l | 2008-05-02 08:15 | いしかわ動物園

待て!

a0012103_9452443.jpg

「食べていいよ!」

っと言われるまでただひたすらこの体勢で待つのです。

目の前には今日のご飯が…

この時が一番辛い時間です。


(アシカの心の声を代弁してみました。笑)
[PR]
by argon-l | 2007-03-21 09:46 | いしかわ動物園

あ、顎が…

a0012103_20435492.jpg

顎が外れちゃってさ…

も、もう大変なのよ…

これからは大きな口を開けないように気をつけます…


もちろん、顎が外れたってのは冗談です。
例えば歯の様子を見たり、口の中を調べる必要があるときに
無理矢理口を開かせるわけにはいきませんから、
顎に手を置くと口を開いてくれるようにトレーニングしてるんです。
[PR]
by argon-l | 2006-11-22 21:01 | いしかわ動物園

帯が二本はマゼランの使徒~♪

a0012103_21305467.jpg

先日ケープペンギンについて解説しましたが、今日はマゼランペンギンについてです。
やはりフンボルトペンギンの仲間はみ~んなそっくりさんで見分けがつきにくいですが、
マゼランペンギンはくっきりと胸に二本の黒い帯があるのが特徴です。
マゼランの使徒なんて大それたタイトルをつけましたが、
別にマゼラン星雲からやってきたとかそういうわけではなく、
発見者がマゼランさんだからということだそうです。
もう1つややこしいのが、彼らの生息地はアルゼンチン周辺やフォークランド諸島ですが、
要するにマゼラン海峡周辺に生息しているということなのです。
こう考えるとマゼラン海峡周辺に生息しているから…
っと考えてしまいそうなものですが、生息地による由来はないようです。

しかし、こうやって緑の中にたたずむペンギンさん…
様になりますねぇ~(´▽`*)
動物園にしても水族館にしてもこういう環境でペンギンを見ることってないですよねぇ~
って、この写真何かおかしいですね。


a0012103_2131975.jpg

成鳥は特徴がはっきりしていてわかりやすいものの、
幼いペンギンさんはなかなかつかみ所がないです。
どうやって見分けたらいいの?
っという意地悪い質問はしないでください。


== 追記:2006/10/15 ==
(注) 実は一枚目の写真は作り物です!!
[PR]
by argon-l | 2006-10-14 21:31 | いしかわ動物園

ざっぱんざっぱんとな♪

a0012103_23284645.jpg

いしかわ動物園に入園するとすぐにアシカプールがあります。
ここではオスとメスの2頭のカリフォルニアアシカが泳いでいますさ。
そしてとにかく目に付くオスちゃんの存在…
で、デカイです…
比較的メスちゃんを見る機会が多いので、久々にオスちゃんに会うと改めてその大きさに驚かされますね。

≪そして…≫
[PR]
by argon-l | 2006-07-12 23:30 | いしかわ動物園

オオハシいたーーー!(≧▽≦)

a0012103_21402892.jpg

いしかわ動物園で密かな楽しみだったオニオオハシさんとの出会い。
公式サイトを見た感じでは、
もしかしたらなかなかいい環境で会えるんじゃない?
って思ってたら、ホントにいい環境で会えた!(≧▽≦)
確認できたのは一羽だったのですが、放し飼いにされていて一番近くにいた時は2~3mくらいの距離にいました!
この場合掛川花鳥園が例外と考えるべきなのでしょうか?(笑)
花鳥園の様にたくさんの人が餌を与え、ふれあっているとある程度人馴れするんでしょうけど、
ここのオオハシさんはちょっとおどおどとした感じ?
大人しくって人目を避けるかの様にただジッとしておりました。

a0012103_21404314.jpg

ただ、やはり人目が気になるのか、時々こちらの様子を伺う仕草も見られたり。
できればふれあって、なでなでして…って思うものの、でも近くで姿を見られただけでもよしとしましょう。(´▽`)

オオハシさんって見てもらえば綺麗とか可愛いって印象を持ってもらえるものの、
この様に放し飼いにされているケースもしばしばあってその存在に気付かれないことが多い…と感じます。
うーん、もっとオオハシさんの存在を広めたいものね~
[PR]
by argon-l | 2006-07-05 21:41 | いしかわ動物園

いしかわ動物園

a0012103_21342862.jpg

この前の週末は北陸へ行った際にのとじま水族館とそしてもう一箇所、いしかわ動物園へと行ってまいりました。
とってものどかなところにある動物園で、園内もほのぼのとしていてとても過ごしやすい動物園でした。
動物の展示もとっても見やすいところでしたよ。

一番印象に残ったのはカリフォルニアアシカ!!
水族館を回っているとカリフォルニアアシカに出会うこと、そして数々のパフォーマンスを観る機会がありますが、
正直ここでアシカを見てから随分と印象が変わりました。
アシカってこんな能力まで持ってるんだ!っと新しく知ったことがあり…
そんなアシカについてはまた後日お話したいと思います。

今日はアシカプールにて一緒に泳いでいたゴマフアザラシ
私的にお土産にアザラシ写真を撮ってきますと言ったものの、
のとじま水族館では大惨敗を喫してしまったのでなんとかここで撮れてよかったです。
んが、何か面白いアクションをしてくれないかなぁ?っと思ったものの、
ずっと泳ぎっぱなしでしたわい…(^^;

a0012103_21353278.jpg

気持ちよさそうにゆったりぷかぷかと浮かんでおりますが…
1枚目の写真と比較してみてください。
2枚目の写真では大きく鼻の穴が開いておりますが、1枚目ではぺったんこ。
改めて観察してみるとなるほどなっと思うわけですが、こんなにしっかりと鼻が閉じられているんですね~


a0012103_213506.jpg

唯一スペシャルスマイルをくれたショットではありましたが…
ちょっとピントを外してしまいましたがな…(;^_^A
まあ、面白みに欠ける写真ばかりだったのでご愛嬌ということで…(笑)

いしかわ動物園は何気に水族もけっこう多いので、またじっくり行きたいなぁ~
なんて思いますだ。
[PR]
by argon-l | 2006-06-29 21:38 | いしかわ動物園


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]