total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:蓼科アミューズメント水族館( 21 )

2012.10.9

a0012103_1514199.jpg


長野への用事ついでにホントは再開した蓼科アミューズメント水族館へ行くつもりだったんだ。
でも、見事休館日だったんだ。

もうね、旅先で休みくらいで動じませんよ。
臨時休業だったり、年1回の休みを引いたり、今日から改装工事のため休業とか…
これだけイレギュラーな休みを引き当てる人、そうそういないんじゃない?

だからね、普通の休館日くらいではね…。

うん、折角遠くまで来たけどね…。

まあ休みは仕方がないですよ…。

そんなわけで一路新潟へ向かったんだ!



だからお茶を濁すように、一時閉館する前の写真の写真を。
ピラムターバというアマゾンに生息するナマズの一種。
おっといけねぃ!
初登場、ずっと紹介するのを忘れていたじゃないか!


ただいま簡易更新中です。
詳しくは おしらせ をご一読ください。
[PR]
by argon-l | 2012-10-09 22:00 | 蓼科アミューズメント水族館

いまさらと言えばいまさらですが。

a0012103_739323.jpg

日本一標高の高いところに建てられた長野県の蓼科アミューズメント水族館が閉館しちゃったんですねー。
淡水メインの水族館なれど標高1750mもの高さにあり、何より驚くことがペンギンまでもが飼育されていた水族館なんですね。
やはり立地的に厳しかったのか、運営会社が破綻し今年(2010年2月)閉館してしまいました。

率直に言えばいまどきの水族館とは程遠い雰囲気でしたが、
逆にローカル色に満ち溢れてそれはそれで面白い水族館でしたし、
何よりこんな高所にある水族館というのが凄いと感じた水族館でした。
立地的にと言うよりは、近年は長野県へ行く機会そのものがあまりないので、
長野県へ行くような機会があればまた遊びに行きたいなぁ~っと思っていただけにとても残念です。

閉館して2ヶ月ほどになりますが、まだまだ魚やペンギンたちの移動先が決まっていないとかで。
特にペンギンは血統管理の関係上移動先が見つからないという大変な事態…。
今後どうなってしまうんでしょうねぇ…

また、施設の売却先を探しているということで、売却先が見つかれば或いは再開される可能性もあるということですよね。
立地的にこういう高所に水族館を運営するのはどうなのか?
という声なんかもありそうな気もしますが、個人的にはステータスの1つとして面白いものがありますし、
熱帯魚の数も凄かったですし、何よりシナノユキマスと言った長野県特有の魚の展示など、
他では見られないものもあったりしたので、実に惜しいな…と。
[PR]
by argon-l | 2010-04-26 07:39 | 蓼科アミューズメント水族館

アロワナナイフ

a0012103_7202181.jpg

腹鰭の動きが愉快なアロワナナイフです。
波打つように長い腹鰭がうねうね動くので、ついつい個体というよりは鰭の動きを凝視してしまいます。
アロワナと名前がついていますが、系統的にはナイフフィッシュの仲間なのでスポッテッドナイフフィッシュたちに近いですが、
顔つきがアロワナに似ているのでアロワナナイフと名づけられたそうです。確かに… ⇒ ナイルアロワナ
どうもアファー種とコンゴエンシス種の2タイプに分かれるそうなのですが、
かたやスポットが入るタイプ、かたや暗褐色の体色なタイプであったり、
顎の形状が違うなど、これって「もう別種扱いでいいんじゃ?」なんて思ってしまいます。
顔を見ていると随分おっとりしていそうだなぁ…っと思うのですが、実際はかなり荒々しい性格をしているんだとか。
同種・多種を問わず争ってばかりで混泳は避ける促しがよく見られます。
見かけによらないねぇ~
[PR]
by argon-l | 2010-04-04 07:20 | 蓼科アミューズメント水族館

オセレイトスネークヘッド

a0012103_8354855.jpg

オレンジ色に縁取られた斑紋の美しいことからフラワートーマンとも呼ばれるオセレイトスネークヘッドです。
この縁取りも鮮明なラインというよりも花びらを散りばめたかのような、とっても美しい斑紋なのですよ。

日本ではライギョと呼ばれるカムルチーなんかが有名ですが、タイワンドジョウ科の魚たちはスネークヘッドと呼ばれています。
また、迷宮器官と呼ばれる補助呼吸器官を鰓に持ち、低酸素にも耐えることができる魚で、
そんな器官を持ち合わせていることからラビリンスフィッシュと呼ばれたりすることもあるようです。

まあ、小難しい話はさておきとして…
オセレイトスネークヘッドは幼魚の頃ははメタリックグリーンをしていて、
20cm程度に成長してくるとこの特徴である斑紋が浮かび上がってきて、体色もメタリックブルーへと変わるんだそうです。
スネークヘッドの仲間の中では最も美麗な種と言われ、アクアリストの間では根強い人気がある種なんだそうですよ。
流通量も多く、価格も安く、丈夫な魚であることから導入しやすい魚のようですね。
[PR]
by argon-l | 2009-07-20 08:36 | 蓼科アミューズメント水族館

リネアートゥス

a0012103_6591849.jpg

なんだか、しかめっ面で、かつ歯を食いしばっているかのような表情です。
うーん、どうしたんでしょうね?
リネアートゥスというナイル川やニジェール川に生息するフグです。
別名テトラオドン・ファハカとも呼ばれるんだそうですが、どちらにしても意味がさっぱりわからない。(笑)
大型に成長するフグで、性格はかなーり攻撃的なんだそうですよ。
顔も性格もごついわぁ~

■お知らせ
写真集プレゼント企画」やってます!お気軽にご参加ください。

[PR]
by argon-l | 2009-04-15 07:02 | 蓼科アミューズメント水族館

サッカープレコ

a0012103_7194328.jpg

うわー!プレコ系の紹介ってすんごく久々だー!!
水族館でプレコの仲間たちを見かけることは多いですし、けっこう好きな魚なんですが、
やっぱりガラスにお腹を見せてべちゃっとくっついてたり、
写真を撮るにはあまりいい条件でいてくれることって少ないのですよね。
っというわけで、サッカープレコです。

ブラジル南部から東南部にかけて分布するナマズの仲間で、
現地では重要な食用資源になっているんだそうですよ。
日本では飼育用として人気が高く、東南アジアで養殖がされるようになり、
ブラジルからの長距離輸送のリスクを軽減し、かつ安価に日本に入ってくるようになりました。

サッカープレコというと通称ヒポプレコという「ヒポストムス・プレコストムス」がそれに該当したそうですが、
養殖事情でトリニダートプレコという種(もしくはヒポプレコとの雑種)に変わってしまっているのだそうですが、
そもそもその違いがよくわかりません。
現地でサッカープレコと呼ばれる種と、輸入されてくるサッカープレコって種が違うってこと?
[PR]
by argon-l | 2008-09-24 07:20 | 蓼科アミューズメント水族館

ペンギンテトラ

a0012103_8162057.jpg

身体には白と黒のラインを持ち、頭を上に持ち上げて泳ぐ姿がまさにペンギンに見えることから
ペンギンテトラと呼ばれるようになった魚です。
丈夫な魚で飼育し易いと言われ、東南アジアでブリードされた個体が安価で手に入ることから人気も高い観賞魚です。
性格は気性が荒いということもあり、そんな性格もますますペンギンを想像してしまいますね。

ペンギンという名前がついているだけにけっこう印象に残る名前の魚ですが、
自身で飼育を趣味としている方でないとなかなか聞きなれない魚でもあると思います。
意外と水族館では飼育されているところも多いのですが…
あまり表舞台に出てこないだけに知られる機会が少ないんでしょうねぇ。

『ペンギンという名前がついているんですよー!』
っと大々的に紹介されればもう少し関心が得られる魚かとは思うのですが…。
[PR]
by argon-l | 2008-05-19 08:16 | 蓼科アミューズメント水族館

キイロドロガメ

a0012103_119595.jpg

水草の多い泥地帯によく見られるドロガメの一種でキイロドロガメというカメです。
アメリカやメキシコなどに分布するカメです。

名前にキイロとついているように黄色い甲羅を持っており、大変美しい甲羅ということもあってか、
ドロガメの中でもポピュラーで人気のあるカメです。
…が、このカメ、大変臭いカメとも言われておりまして、外敵から襲われると臭腺から独特の臭いを発するのですが、
この臭いが大変な悪臭なんだそうですよ。

食性は雑食性で、昆虫・両生類・動物の死骸など何でもよく食べるようです。

カメは変温動物なので一般的に冬眠することがよく知られていますが、
このカメの場合、湿地帯が乾季などで水が干上がってしまうこともありますから、
夏眠をして凌ぐことが知られています。

他のカメさんよりも一癖も二癖もあり、なかなか味のあるカメだなぁ~っと感じました。
[PR]
by argon-l | 2008-01-17 01:19 | 蓼科アミューズメント水族館

生きてく強さ note.8

a0012103_1135541.jpg

メリークリスマス~♪
って、全然クリスマス色がないのも寂しいかと思いまして、なんだかこじつけ的な写真を出してみました。
ほら、雪の中を泳いでいるというか、イルミネーションの中を泳いでいるというか、そんな写真みたいでしょ?(^^;

今日の写真はパールムというナマズの一種です。
う~ん、ナマズとクリスマスを結びつけて、そしてただいまのテーマ「生きてく強さ」と絡めるのは非常に難しいです。(汗)
ちなみにナマズと言えばデンキナマズっちう魚がいますわね。
デンキナマズと言えば発電をする魚ですが、この発電量はかなり強力で400Vという直撃を受けたら気絶してしまうであろう量です。
や、冗談抜きで心臓止まってしまったりするくらいですからね…(汗)
で、クリスマス時期になるとこのデンキナマズやデンキウナギを使って
クリスマスツリーのイルミネーションにライトアップさせるなんて活躍っぷりをよく見かけます。
まあ、彼らは発電すると言っても常時発電しているわけじゃなくて、一瞬一瞬の発電ですがね。
結局、彼らは水の中で発電するわけですから、水を伝って自分も感電しちゃうんですよ。
ある程度なら感電しても電気を逃がす構造になっているものの、さすがに浴び続ければ自身の生命も危ういわけですよ。

ちなみにデンキナマズに限ったことではないのですが、ナマズは電気に敏感です。
よく「ナマズは地震を予知する」と言われます。
実はこれ、デンキナマズが電気を発することにも関連していることで、
ナマズは捕食の際に目で見るのではなく髭で魚がえら呼吸の際に発する微弱な電気を察知します。
地震が起こるときも地盤がずれて岩盤が崩れるときに発する地電流を察知しているのではないかと言われています。

まあ、兎にも角にも、こうやって目で見る情報ではなく察知できる能力があるってことは、
物陰に潜んで獲物がやってきたら一気に襲い掛かることもできるわけですし、
何かと賢い魚なんですなぁ~
[PR]
by argon-l | 2007-12-24 01:14 | 蓼科アミューズメント水族館

シクラソマ マナグエンセ

a0012103_7513665.jpg

なんだか舌を噛みそうな、覚えにくい名前のような、シクラソマ マナグエンセです。
南米産のシクリッドの中ではポピュラーな魚なんだそうです。
かんちょはシクリッド系はさっぱりなんで全然知りませんでしたが…(汗)

写真にも写っている黒い帯は幼魚の頃は明瞭であり、成長と共に消えていき、黒い斑紋になるんだそうです。
シクリッドなだけに我が強いというか、縄張り意識が強くなかなか攻撃的な一面を持っているようです。
他の魚との混泳は注意が必要です。
一回の産卵で100~200匹産むそうですが、やはり争いが絶えず生き残ったわずかな数だけが成魚へと成長していきます。

黒い縞模様や斑紋がなかなか綺麗な印象を受けました。
[PR]
by argon-l | 2007-12-15 07:52 | 蓼科アミューズメント水族館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]