total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:うみたまご( 14 )

ホッコクエビ

a0012103_77084.jpg

持ち帰りお弁当のお店に「ほっかほっか亭」「ほっともっと」やら違いがわからず消費者の混乱を呼んでますが、
ほか弁にしても「ほかほか亭」だったり、「ほっかほか亭」だったりとさらに紛らわしい。
これらは同一チェーンなのか、似たネーミングなのかどっちやねん!!

さてさて、今日はホッコクエビなんですの!
本種の場合も「ホッコクエビ」「ホッカイエビ」「ホッコクアカエビ」なんてのがいて紛らわしい!!
しかもね、ホッコクエビって『北国海老』って書くわけなのですが、
これがまた紛らわしいことに別段冷水を好むエビというわけではなくて、
太平洋や瀬戸内海にまでたくさんいるエビなんです。(むしろ冷水域にはほとんどいないんだそうだ)
完全に名前で振り回されるわぁ…。

実はかんちょの住まいや近隣地域でもかなり漁獲があるそうで。
しかもかなり美味しいとか。
んでも、全然見かけたことがない…。
かんちょの大好きな朝市でも全然お目にかかってないよー
[PR]
by argon-l | 2010-10-17 07:07 | うみたまご

a0012103_8295972.jpg

この壁上って脱走したろかー?

とまあ、こういうときってついついネガティブな思考になってしまうなぁ。
とりあえず缶詰生活に飽きました。
GWの混雑前にゆっくり遊びに出たいねぇ~
[PR]
by argon-l | 2010-04-21 08:30 | うみたまご

ヒトミハタ

a0012103_7481271.jpg

ヒトミハタかなぁっと思ったのですが、あまり自信がないのでアテにせんといてください。(汗)
っというのも、斑点の入り方や色合いなど似たよーなのがいっぱいいて、
コレだと確証を持てるのが今ひとつわからんのですわ。
まあ、同定師さんの人がツッコミ入れてくれたら、何かしら解説を加えたいと思います。

a0012103_7482858.jpg

で、ずーっとこっちを見てくれていたので、にらめっこしていたらホンソメワケベラの人がお掃除にやってきました。
なに? かんちょを前にして綺麗にしなさいってこと?(笑)
[PR]
by argon-l | 2008-05-18 07:48 | うみたまご

虫歯

a0012103_135787.jpg

アシカとかオタリアとかトドの歯を見ると真っ黒です。
別に虫歯ってわけじゃないんですが、内臓物をいっぱい食べているせいなんでしょうかね?
とにかく真っ黒な歯をしています。
じゃあ、虫歯になったらわかるんかなぁ…。

ちなみにアシカの歯は年を追うごとに新しい層ができるので、
歯から年齢がわかるんだそうです。
いわゆる年輪みたいな感じですな。
[PR]
by argon-l | 2008-01-20 01:35 | うみたまご

生きてく強さ note.14

a0012103_9433341.jpg

みなさま、2週間にわたりこのシリーズにお付き合いくださいましてありがとうございました♪
なんだか考えをまとめる前になんとなく書き出したので、よくまとまらない内容になってしまいましたが…(汗)
シリーズ最後を飾るのはみんなのアイドル、イルカです。

イルカと言ってもnote.1でお届けしたシャチと同じクジラに分類され、イルカとクジラの明確な分類はありません。

このブログを始めて随分とたち、様々な質問を頂いてきましたが、
その中で断トツに多いのが『どうやったらイルカの飼育員になれますか?』と言う質問です。

あくまでも個人的な主観ではありますが、イルカの飼育員になるというのは並大抵なことではありません。
多くの場合、ショーやパフォーマンスを見て『自分もこんな風にイルカを操ってみたい』と、そんな一心から憧れるものだと思います。
確かにイルカはその顔を見るだけで癒しをくれますし、自分の思うように跳んだり回ったりしてくれたら最高でしょうね。

しかし、イルカと人間は言葉が通じません。
この言葉の壁を克服しながら、実に何ヶ月という歳月をかけて1つの芸を教えていかなくてはなりません。
大変根気のいる話ですね。

まあ、その辺の細かい話は今回のテーマにそぐわないので割愛致しますが、まあ、想像を絶するほど大変な仕事です。

a0012103_9434916.jpg

で、本題。
個人的には「イルカが好きだからイルカのトレーナーになりたい」というのはあまり好きな動機ではありません。
もちろん、イルカが好きだからという動機は大切ですが、イルカだけではなく様々な生き物たちに対して万遍なく平等に愛していける心が必要です。
例えば、水族館に就職して、イルカの担当になれなかったら?
はたまたイルカの担当から別の生き物に担当が変わってしまったら?
そういったときに仕事を辞めてしまうのでしょうか?
それとも愛情を注ぎ込めず飼育するのでしょうか?
本来野生にいるはずの生き物たちを人間の都合で連れてきているわけですから、それでは無責任な話ですよね。
また、本来野生で生きているイルカたちは様々な生き物たちと関わりを持って生きています。
つまりイルカの飼育員になるということは、イルカの生態だけではなく、
イルカに関わる生き物たちのことをよく知っていかなくてはなりません。
ここでも「イルカが好きだから…」という動機だけでは成り立たないわけですね。

こう、ちょっと堅い話になってしまいましたが、ですが夢を持つことは大事です。
また、こうした何かの生き物に惹かれることは個人的にも嬉しく思います。
何か1つの生き物に感心を持つことで、それらに関わる生き物にも関心を持っていくことでしょうし、
人間、生きていく上で様々な生命と関わりを持って生きています。

本当の意味で生きていく強さと言うのは様々な生き物たちとの調和を図り、
関わりを大切に生きていくことなんだなっと常々思います。

みなさんもたかだか1つの命なんて思わずに、1つの生命にどれだけの生命が関わっているのかをしっかり考えてくださいね。
[PR]
by argon-l | 2007-12-30 09:44 | うみたまご

ニシキゴイ

a0012103_8311282.jpg

コイと言えば普通のコイよりもこちらのニシキゴイの方が見る機会が多いと思いますが、
ニシキゴイという種がいるわけではなく普通のコイを観賞用に品種改良したものがニシキゴイです。
実際野生下でこのような色をしていると外敵に発見されやすく、生き延びていくのが大変困難になってしまいます。
しかし、もともとこのニシキゴイを養殖する文化が始まったのは野生種で普通のコイより明るい色をしたコイを発見し、
それを育てたことから始まったと言われています。
こうした普通と違うコイが発見されたのは随分古くからの歴史でありますが、
実際本格的に養殖が行われるようになったのは19世紀に入ってからの話です。
今ではかなりの品種が開発され、立派なコイを育てることに情熱を注ぐ人もかなり増えました。
今ではニシキゴイ市場の競りでは何百万も値がつくコイも…
おっとろしく奥が深い世界なのでかんちょも容易な発言ができませんだ…

ニシキゴイと言えば養殖が盛んなのは新潟県を筆頭にあげられますが、
2004年に起きた中越地震で壊滅的な被害にあったと言われています。
約40万匹のコイが死に、被害総額は20億近くに及ぶと言われています。
[PR]
by argon-l | 2007-12-04 08:31 | うみたまご

ドタブカ

a0012103_13365561.jpg

メジロザメ科のサメでその中でも大型に成長するドタブカです。
いわゆる人食い鮫として挙げられるサメの1種で、人を襲う危険性があると言われています。
危険性を指摘される一方で日本ではドタブカに襲われたという記録は特にないようですが、
漁の最中に餌や釣具を食いちぎられたり、他の漁と一緒に水揚げされるケースなどがあるようです。
ドタブカは表層から水深400m付近にまで広く分布する魚のようですが、
同程度の深さにまで分布するキンメ漁などでは特に被害にあうようです。
素潜りで遭遇しても襲われたケースはないものの、確実に大丈夫とは言い切れないのですけどね。

水族館でこのサメを見たとき、迫力のある顔つきやシャープな泳ぎに途端に目を奪われました。
[PR]
by argon-l | 2007-11-19 13:37 | うみたまご

大口開けてます

a0012103_845214.jpg

うみたまごのイワシ水槽から大きな口を開いたカタクチイワシ

イワシはプランクトンを海水ごと吸い込むため泳ぎながらこうして大きな口を開けている場面がよく見られます。
んが、こうして写真で大きく口を開いた状態を見ると…

すんごい顔だな…

人間だったら間違いなく顎外れるっちゅーの!!(爆)
[PR]
by argon-l | 2007-11-13 08:45 | うみたまご

アオリイカのお食事

a0012103_8394143.jpg

アオリイカの捕食場面。

アオリイカは実に多種多様のものを捕食します。
それは表層にいるアジやイワシ、底層にいるカレイやヒラメ、アナゴなんかも食べるそうです。
ただ、比較的スマートな体型で柔らかい魚を好む傾向があるようで、
イワシやアジの仲間でもマルアジを好んで捕食するようです。

なかなかグルメというか贅沢というか、空腹時は頭から綺麗に食べるものの、
胃が満たされてくると胴体の一部だけを食べては次から次へと捕食していくそうです。
美味しい部分だけ食べているのでしょうかねぇ?
餌を横取りしたり、共食いも激しいのでとにかく卑しいイカなのかもしれません。(笑)
[PR]
by argon-l | 2007-11-08 08:40 | うみたまご

黄金のナマズ

a0012103_7294490.jpg

本来の黒い色素が突然変異で色素がかけてしまったアルビノのナマズ、
つまりは白色個体なのですが色合い的に金色色に見えることからこんな呼ばれ方をしているのでしょうね。

本来は黒い色は周囲から存在を隠す役割を持っていて、
白色ということは外敵から発見されやすいということもあり、
これだけの大きなアルビノナマズが発見されることはなかなか珍しいことなのだそうですよ。

絶賛バタバタ中につきレスはまた後ほど…
[PR]
by argon-l | 2007-11-01 07:31 | うみたまご


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
お気に入りブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]