total today yesterday
ブログトップ

カテゴリ:下関市立しものせき水族館海響館( 26 )

マダラロリカリア

a0012103_792382.jpg

ひっさびさにプレコの仲間ですわ~。
オラ、プレコはちょくちょく撮るだども、全然わがんねーがら紹介できねんだわ…

で、久々にちゃんとわかった(?)個体、マダラロリカリアといふそうな。
と言ったものの、流通上ヒポプレコという名前の方がわかりよいようだ。

プレコって言うと完全に海外の魚という印象があったのですが、
なんでも本種は沖縄では帰化が確認されているんだとか!
知らなかった!おっどろきぃ~!!
実際の分布域は南米の方ですが、地球の裏側から遥々日本に居ついてしまって…
人間都合とは言え、お疲れ様です。
マダラロリカリアという和名も帰化が確認されたときに与えられたそうですねー

ネオパークオキナワへ行くとたくさんプレコが泳いでますが、
もしかしてこういう事情???(汗)

ブラジルからやってきたから…っというわけではないのですが、
本種はサッカープレコと呼ばれるタイプで、吸盤で岩(水族館で言えばアクリルなども)にくっついては藻や苔をもしゃもしゃ食べています。
水槽のお掃除屋さんとしても活躍してくれるので、ユニークな顔、独特な身体つき、
そしてひたすらもしゃもしゃ食べる姿、いつまでも飽きずに見ていられま~す♪
[PR]
by argon-l | 2011-02-08 07:10 | 下関市立しものせき水族館海響館

ハワイアンホワイトスポッテッドトビー

a0012103_6243073.jpg

スポテッドトビーとしか紹介されてなかったのですが、何種かいるようなので詳しい種まではわかりませんでしたー。
感じ的にはカリビアンスポッテッドトビーかな?って思ったのですが、白いスポットが大きいことからハワイアンホワイトスポッテッドトビーかと。
ハワイ諸島に生息する固有種なんだそうで、岩礁地帯の浅いところでけっこう見られるんだとか。
10cmにも満たない小さなフグなので、自然下で見るにはちょっと相手が小さいかもですが、
水槽越しに見る分にはなかなかの美フグですよ。

こんな美フグなんですが、これでもしっかりとキタマクラ属のフグ…
キタマクラの仲間なだけに猛毒の持ち主なんじゃろかねー?
毒に関する記述が見つからないのでわかりませんが~。

毒の有無はさておきとしても意外と見かけによらず好戦的というか、縄張り意識の強い種だそうです。
同種であっても縄張りを侵す者には容赦はないようですので、飼育下の場合では混泳させてはいけないと専ら言われています。
幼魚はウニの隙間に隠れて身を守るのが特徴的だそうで、そんな愛らしい光景、是非見てみたいわん♪

あ、そうそう、フグと言えばハリセンボンを代表に風船のように膨らむ姿が有名ですよね!
本種もそういった膨らむタイプなんだそうですが、こんな小さな身体で…
膨らむような状況ってフグからしたら死をも覚悟しているときなのであまりに期待してはいけないのですが、
それでもこんな小さなフグが膨らむって悩殺もんやなぁ…。
見たいなぁ… 見たいなぁ…。ぐつぐつ。
[PR]
by argon-l | 2010-11-05 06:24 | 下関市立しものせき水族館海響館

スクロールドカウフィッシュ

a0012103_647828.jpg

パソコンの普及で「スクロール」という言葉もけっこう日常的に使われる単語になりましたよね。
スクロールって本来は『巻物』って意味なんだそうだ。
巻物と言えばかんちょにとっては巻き寿司! これっきゃない!!
寿司屋さんへ行って『テッカスクロール!!』なんて言ってみたいです。
(※注) 間に受けないでください。ちなみに巻き寿司は「ロール」です。

さてさて、本種はスクロールドカウフィッシュというフグなんだそうですが、この「巻物」という意からの命名なんでしょうかね?
身体を取り巻くかのような黒い模様が印象的です。

・・・んが、てっきり「スクロール=scroll」なんて思ってたら、「Scrawled cowfish」というスペルのようで、
Scrawledとは落書きとか殴り書きとかそんなような意味合いらしい。
気になって調べてみると成魚になると立派な模様になっていて、ちっとも落書き感のある様相はないんですよね。
若魚をイメージして付けられた名前なんでしょうかね?

サケふるスタッフさんの写真がとてもステキ☆
悩殺されちゃいます。
[PR]
by argon-l | 2010-08-25 06:48 | 下関市立しものせき水族館海響館

ヒキガニ

a0012103_7165066.jpg

ミズヒキガニというカニがいますが、名前が近くとも姿形は全然違います!(笑)
こちらはどっしり重量感を感じさせるカニ、ヒキガニでございます。
多分、山口県では初めて捕獲記録となった個体かと思います。
主に北海道沿岸や青森湾にて分布しているカニなので、この地方での記録はかなり珍しいようですよ!!

甲羅は洋ナシのような形をしていると例えられることが多いようですが、なるほど、言われてみればそうなのかもしれない!
水深約300mとけっこう深いところに生息しているカニで、砂泥底で生活していて主に生物の死骸を食べていると考えられています。
世界最大のカニと呼ばれるタカアシガニとも近縁にあたるカニだけに、
生活姿はそっくりですし、ルックスもどことなく似ている気もしますね~

折角の珍しいカニではございましたが、水槽が暗いことや、
鮮やかな赤い色をしているそうですが照明は真っ青なので、
じっくり観察できなかったのが残念…


贅沢妄想コンテスト』は実現したらまずは投票くれた方から声を掛けますので、投票してくれた方はちゃんと報告くださいね~♪
[PR]
by argon-l | 2010-07-28 07:17 | 下関市立しものせき水族館海響館

ニセカンランハギ

a0012103_725661.jpg

ニセカンランハギです。
「ニセ」と呼ばれてしまうからには「カンランハギ」って魚もいるのですが、
何故かクロハギやオスジクロハギに似るという解説が多いです。
・・・偽物呼ばわりされて、この仕打ちはたまらんねぇ…。

確かにクロハギたちと雰囲気は似ているのですが、尾の付け根部分にある棘、
尾柄棘に白いおおいがあることや尾鰭に多数の暗色斑点があるので見分けやすいです。

とは言っても日本では南日本に分布している魚なのであまり馴染みはないのですが、
水族館でもちらほらと見かける魚だと思うので大水槽なんかを探してみたら悠々と泳いでるかもです。

幼魚の頃は体側の模様は目立たず暗色の色をしているようなのですが、
成魚は模様がくっきり浮かんできますね。
ただ、体色は白系から青系までと個体差があるみたいなんですね。
白系のニセカンランハギって全然意識してなかったや。
また探してみるとします。
[PR]
by argon-l | 2010-05-28 07:03 | 下関市立しものせき水族館海響館

ストライプバールフィッシュ

a0012103_7241331.jpg

パールフィッシュというと熱帯魚で流通しているアルゼンチンパールフィッシュ(メダカ系?)なんかが一般的みたいですが、
本種はフグの一種でストライプパールフィッシュという種です。
って、「パール」じゃなくて、『バール』でしたよ。
名前の通り見事なまでのストライプっぷりですね!!

日本の水族館で最もよく見られるハリセンボンは細長~い棘をしておりますが、
こちらはまた一風変わった棘をしていますよね。
なんだか掴んだらザクザク刺さっちゃいそうです。
[PR]
by argon-l | 2010-04-16 07:24 | 下関市立しものせき水族館海響館

ひなまつり:「お菓子」

a0012103_723641.jpg

雛祭りにはお菓子を忘れてはいけません。
「ひなあられ」という言葉があるように、雛祭りのお菓子の代表格はなんと言ってもあられではないでしょうか。
魚にもあられという名を持った魚がいるんですねぇ。
今日はアラレフグのご紹介です。
アラレフグというだけに、見事なまでの霰模様ですよね~。
また、ふっくらした可愛らしい顔つきは平安美人を感じますよー。

本種は命名されたのが1994年のことでまだ16年ほどしかたっていませんが、
初めて発見されてから名前が付けられるまで実に13年もかかったフグなんだそうです。
[PR]
by argon-l | 2010-03-07 07:23 | 下関市立しものせき水族館海響館

ひなまつり:「五人囃子(笛)」

a0012103_6272324.jpg

はい、ひなまつり更新、本日は五人囃子の笛からちなんでフエダイです。
フエフキダイの方が雰囲気出てよかったのかもしれませんが、
ただいま猛烈忙しいのでサクッと写真の見つかったフエダイにてご容赦ください。(笑)

ルックスはマダイに似ていて、口元が前に突き出ていて笛を吹いているようなタイに見えることからこの名がついているようです。
なので、笛というよりは口笛か。。。(汗)

なんだかその気になれば五人囃子全てに絡めた魚を紹介することもできそうな気もするので、
これは来年の課題かなぁ~
[PR]
by argon-l | 2010-03-05 06:27 | 下関市立しものせき水族館海響館

オルネイトカウフィッシュ(メス)

a0012103_7331667.jpg

昨日の写真はいつもの鑑定士J氏の話によればオルネイトカウフィッシュのメスらしいです。
当初は昨日の写真はショーズカウフィッシュで、今日の写真はオルネイトカウフィッシュと思っていたわけです。
今日と昨日の写真を見比べると随分と見た目の印象が違う。
なので、今日の写真の方がショーズカウフィッシュかなぁ?っと思ったわけですが…。
J氏の話に従えばこのコもオルネイトカウフィッシュのメスってことになるのかな?

うーん、でも背鰭の形や鰭条の数も違うように見えるし…。
こうなってくるとそっくりさんなのか、そっくりに見えて同種なのか…。
相変わらず難しい世界ですわい。

水族館でも似た魚を混泳させているケースは珍しくないのですが、
似ている魚がいるってのは面白いのですが、折角ですから是非その違いを解説して欲しいなぁっと感じることがよくあります。
違いがわかったときってまた違った面白さがありますからね!
[PR]
by argon-l | 2010-02-19 07:33 | 下関市立しものせき水族館海響館

ショーズカウフィッシュ

a0012103_725423.jpg

うーん、色々と検索して睨めっこしてたのですが、結局結論に至りませんでした。
多分ショーズカウフィッシュのオスじゃないかなぁ…っと。
オルネイトカウフィッシュのメスとすっごくそっくりなんですよねぇ…。
疑惑のそっくりさんを明日登場させるので、そのそっくりっぷりを是非ご堪能ください。(笑)
特徴の違いとかわかる方は是非ご教授頂ければと。

さて、ショーズカウフィッシュという前提でお話を進めさせて頂きます。

ショーズカウフィッシュもオルネイトカウフィッシュも共通して言えることなのですが、どちらも雌雄で模様が異なります。
オルネイトカウフィッシュは雌雄で全く模様が異なるので見分けるのは容易ですが、
ショーズカウフィッシュは比較的似てると言えば似ている気がします。
オスの方が華やかな感じかな?青とオレンジ系の斑模様を持っているのが特徴のようです。
南西オーストラリア沿岸の水深10~200mの海域に分布していて、オルネイトカウフィッシュも似たような海域に分布しているので、
調べていても明らかにオルネイトカウフィッシュだろうと思われる写真もショーズカウフィッシュとして紹介されていることが多いので、
やっぱり紛らわしい魚なんでしょうかね?

日本にもちょくちょく輸入のある魚のようで、美フグとして人気の高いフグみたいですね。



追記: 2009/02/19
いつもの鑑定士J氏の話で、オルネイトのメスだろうとのことです。

[PR]
by argon-l | 2010-02-18 07:26 | 下関市立しものせき水族館海響館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]