total today yesterday
ブログトップ

タグ:オフ会 ( 22 ) タグの人気記事

クエなる集い

a0012103_2169100.jpg

ばばーん!
っと迫力のある殿方、クエ様です!!

いやあ、更新がまた途切れてしまいました…(汗)
ってなわけで、今年もやっちゃいました!クエなる集い…(^^;
この「幻の高級魚」と呼ばれるクエを11人で囲んで贅沢につついちゃいました!!(笑)
昨年のクエではとにかくいろんな味わいが堪能したいってことで「刺身用のクエ」と「鍋用のクエ」と分けて仕入れましたが、
クエは刺身はたいしてうまくない…
ということが昨年よくわかりましたので今年は鍋に照準を置いてとにかくでかいクエを仕入れた!
そう、クエはでかければでかいほど美味い!!
たった10人そこそこのメンバーで10Kgのクエを仕入れた。
単純に1人頭1Kg近いクエの配分だよ…
これが1人10000円で…
あぁ、なんて贅沢な喰らい様…
そして去年より大物のクエなため、やっぱり半端なく美味いよ…
ゼラチンの塊!皮ぎしの脂!!最高ぜよ!!(ちなみにクエは高知産)

しかし、開催前にはちょっとしたドタバタもあったり…
今年はとにかく海が時化続き!!
お魚が全般的に不漁である状態だったので、普段から水揚げの少ないクエなんてとにかく揚がらない…
お店側が普段使っているお魚屋さんもとにかくクエが入っていなかったそうで。
開催直前になって
「今年はクエ揚がってへんでぇ~!!」(開催地は京都)
っと言われ、ヤバす!ヤバす!!っとドキドキなハプニング…
20Kg、30Kgと言った専門店が使う様な超大物クエなどは揚がっているそうですが、
我々が少人数で食べる様なクエはとにかく揚がっておらず…
お店が普段仕入れる二箇所のお店では閑古鳥が鳴いていました。

慌てて日本各地の漁港に当たってもらい、
「今日クエ揚がってへんかぁ?」
っと片っ端からあたってもらった。
そしたら高知で揚がりたての10Kgのクエが…
「それ押さえてくれぇ~!!」
っと大慌ての直送!!
当然人数あたりでは大きすぎるクエなのでお店側は随分泣きを見るハメに…
でも、心よく「えぇわぁ~!予定通りやったるぅ~!!」っと心強い言葉。
そして予定よりずっと大きなクエなハズなのに綺麗さっぱり食べつくしてしまったわけだから末恐ろしい…

≪クエうんちく≫
[PR]
by argon-l | 2007-01-16 21:13 | 名古屋港水族館

カメラのないかんちょは…

a0012103_2121060.jpg

『は~い、みなさんこっちですよぉ~!ついて来てくださいね~』
っと、名古屋港水族館のボランティアのうみぼうずさんの案内のもと館内を解説して回ってもらった。

話を遡ること、土曜日にぷっちさんが「名古屋へ遊びに行きます!!」とのことで土曜日は竹島水族館を案内し、
その流れで夜は木枯らしさんとそして、今回案内して頂いたうみぼうずさんを交え呑めや唄えやの大騒ぎ!!
何だかホントに朝まで唄ってまして、そのまま名古屋港水族館に。
土曜日呑みが入るからと車を置きに帰り、そのままカメラ装備も一式置いてきたわけですが、
まさか朝までどんちゃんするとは思わず予想外に手ぶらで名古屋港水族館へ。
カメラを持たずに水族館なんて、水族館ふりーく史上始まって以来の出来事ではなかろうか…
カメラのないかんちょが水族館を回ったらどうなるのか?っとある意味ドキドキでしたが、
うみぼうずさんの巧みな話術のもと面白い話がたくさん聞けて暇する時間がなかった。
特に鯨類の話はすごく興味深く、是非この話をもとに今後当館でも話をしていきたい。
さて、暇する時間がなかったと言いつつ、かんちょは木~土曜までで3時間しか寝ておらず、
土曜日は予想に反してオールでカラオケ。流石に睡魔もピークです。
半分寝ながらフラフラと歩き、やがてはうみぼうずさんの解説の最中立ち寝をする始末…。
うみぼうずさんの手によって「かんちょは座って休んでなさい!」と休憩所に強制連行。
うーむ、大変お見苦しいところをお見せしてしまった…
結局楽しみにしていたシアター、『グレートシャークス』も後半半分くらいガーガー寝てしまったし…
お昼頃合流した木枯らしさんともほとんど会話をすることもなく意識は朦朧…
あぁ~、情けない…
みなさん、ご迷惑をおかけしました…m(_ _)m

さて、少し休ませてもらっている間に元気を取り戻しつつ、仕上げのペンギンコーナーへ。
ここにいたボランティアさんから「質問ぷりーず!質問ぷりーず!」と逆質問攻めに合いまして、
閉館の音楽が鳴っているのに「今日は帰しません」と1対1の朝まで生トークを要望されました。
あぅ、でも突然質問をくれと言われてもぉ~(汗)
というわけで、次回お会いするまでに嫌らしい質問を準備しておきたいと思います。

というわけで、カメラを持たないかんちょは…
やはりカメラを持って水槽の生き物を追っているときと違い、
様々な違った角度から物が見られたり、今回の様にボランティアさんの視点から話が聞けて面白かった!
できれば今回のお話を皆さんにもお伝えしたいところですが、如何せん写真撮ってないので…(^^;
また今度おさらいがてら資料撮りをしてきたいと思います。
グレートシャークスも再び観に行かねばですしね!

というわけで、お付き合い下さいました皆様、どうもありがとうございました。
うみぼうずさん、今度例のお店に繰り出しましょう。
[PR]
by argon-l | 2006-12-05 21:07 | 名古屋港水族館

北ノ怪物ヲ退治セヨ!

a0012103_8363892.jpg

というわけで、おそらく水族館ふりーく史上最もコアなプロジェクトだったのではないだろうか…

まずは今回のプロジェクトに噛んだ熱きメンバーのご紹介。

・マサトさん。
 伝説の名刀「関・孫六」を片手に北の怪物に挑みます!
サイトヲ。さん
 補助魔法をたくさん唱えてメンバーを助けます。
くりかわさん
 骨法を極め、魚を巧みに捌いていきます。
ビルバインさん
 知識と経験を活かし、青魔法をバシバシ唱えます。
・給餌係さん
 甘い物でメンバーの士気を高めます。
・てとさん
 独特のお笑いモードでメンバーを???化させます。

このメンバーで北の怪物!オオカミウオに挑む。
その勝負の行方は…


【挑戦状】
当館へちょくちょくお越し下さるちまちまさんよりとある日
「北の怪物を倒してみろ~!!フハハハハ~!!!」
っというのが挑戦状が届く。

というのは冗談で、当館でオオカミウオを何度か紹介しておりますが、
その際に、見てくれはこんなでも実は美味しいという噂話を何度かしました。
「むぅ~、そんなに美味しいなら一度食べてみたいなぁ~」
っと、毎度の様に言っていたら、では送りますよっと声をかけてくださったのです。

しかし、今回のプロジェクトにはとにかく壁がたくさんありました。
オオカミウオは寒冷地の魚なだけに、暑さに弱いです。
ですが、水揚げがあるのは7月のこの暑い季節…
とても輸送に耐えられない…という見解でした。
そしてただでさえ尋常じゃなく臭い魚で、しかもアシがおっとろしく早い!
腐って更に異臭でも放ったら…
しかも水揚げはなかなかなく、こちらの希望する日に揚がるなんてまずムリ…

こんな厳しい条件の中、オオカミウオ様は北海道で揚がる為、
北海道から空輸を経てやってきます。
丸一日かけて飛行機でやってきますから、うっかりしてると水温が上がってしまい、
あっさり成仏してしまいます。
さすがの北の怪物も唯一気温だけが天敵なのだ!

≪いざ、戦いの舞台へ!!≫
[PR]
by argon-l | 2006-07-25 08:40

楽チンだなぁ~♪

a0012103_2132538.jpg

よいしょっと♪
ん?なんか様子が変だぞ?っと…

a0012103_21322232.jpg

って、よく見たら乗っかってるじゃん!(≧▽≦)

『くるしゅうない。ほらほら、そっちへ行きたまえ!』

≪って、そんなことしてるとぉ~≫
[PR]
by argon-l | 2006-05-24 21:38 | 掛川花鳥園

呑めや食えや!

a0012103_2159191.jpg

というわけで、第2回ならここの里キャンプ大会が開催されました。
つい先月バカ騒ぎしたばかりだと言うのに、またまた大はしゃぎ!
そりゃあかんちょも大暴れします。(;^_^A
ってなわけで、仕入れは前回は浜松市中央卸売市場へ買出しへ行きましたが、
今回はちょっと趣旨を変えまして、普段なかなか食べられないものを味わってもらおうと、
いろいろ厳選素材を用意してみました。
もう早く食いたいばっかであまり解説ができなかったので、紹介するとともに、
参加した皆さんはこういうもんだったんだぁ~っと感じてくださいな。

ちなみに、例によってかんちょは仕入れた写真を撮ってないので、水族館で撮影した写真を合わせてご紹介です。
まず最初、お写真のコ、マダコです。
マダコを1杯、しかも活!
活きたタコを丸々っと仕入れました!
産地はタコの産地、明石!
マダコを素潜りで獲ってきたものを生きた状態で送ってもらいました。
皆さん、タコなんて捌く機会なんてありませんから、そりゃあもう大苦戦!
だけど段々手馴れていく様子がよくわかりました。(笑)
タコはどんな食い方をしても美味いですが、やはりこの食い方だけは譲れなかった…
そう、タコしゃぶです。
薄くスライスして、しゃぶしゃぶ…
すんごく至福なひととき…

そして、こんな上等なタコがあるんだ!これはやらにゃあ…
ってな感じで、たこ焼き!作っちゃいました!(≧▽≦)
普通は茹蛸とか入れるもんですが、生のタコをいっちゃいました!
それはもう、磯の香りが凄く美味しく、売りもんになるね~って感じのタコでしたよ。
そしてたこ焼き作りなんて滅多にない体験。
みんなやんややんやと楽しんで頂けた様でなにより!

ちなみに一緒にサザエも送って頂いたのですが、このサザエが何度も脱走劇を繰り広げるほどの活きの良さ!
ちなみにタコは貝類を好んで食べ、殻をバリバリ噛み砕くほどの屈強な顎をしています。
一緒の箱に入れられてくる絵面が面白かった!
(食べられない様にちゃんとわけられていたけどね。)

≪まだまだ続く、今宵の宴!!≫
[PR]
by argon-l | 2006-05-22 22:01 | 城崎マリンワールド

す、すげっ!

a0012103_0291910.jpg

表彰式だよ!表彰式!!掛川花鳥園で表彰式だったよ!
この度バードスタッフ賞と言う栄えある賞を頂き、本日その表彰を受けてきました。
そりゃあもうカッショクペリカンさんも驚きです!
お話によると3枚揃っての入選はないらしく、異例の措置だったらしい…(;´▽`A``
入選以上の作品はただいま花鳥園内に展示されているのですが、
何だか最優秀賞より目立った展示になってました。いやはや…

そんなわけで、晴れ舞台にとお祝いに駆けつけてくださった方々たちと
前日はまたまたならここの里でキャンプ&バーベキュー!
んもう、張り切った!張り切り過ぎていろいろあった!(爆)
どうやらかんちょ、いろいろ笑いのネタになってしまったようで、あぁ、不覚…
みなさま、いろいろご迷惑おかけしました。

そしてキャンプの食材、これがかなり気合い入れました!
参加してくれた方たちにも、仕入れた食材についてあまり解説できなかったので、
また明日、どんな食材を仕入れたかと共にちょっと解説します。
まあ、その前に早い人はオフレポをアップしちゃいそうですね。(笑)

▼参加メンバー▼
どうぶつのおうち サイトヲ。さん
 駆けつけてくれたと言うより、最優秀賞です!
一獣三菜 くりかわさん
フラプッチ~のダイビング日記。 ふらぷっちさん
ブログ:ヘクトパスカル hect_pascalさん
しゃちのつぶやき ビルバインさん
・緑㌃さん

・ウォットットさん(キャンプのみ)
・ウォットット給餌係さん(キャンプのみ)

・Gさん、さわさわさん(花鳥園のみ)

ってな感じで楽しい二日間でした。
みなさん、どうもありがとうございました!!
[PR]
by argon-l | 2006-05-22 00:30 | 掛川花鳥園

ごろ~ん

a0012103_2292642.jpg
っと、連休遊びすぎで5月病突入のかんちょです。
(や、年中5月病とも言う。笑)
みなさま、よき連休を過ごせましたか?
かんちょは毎度ながらフラフラとあちこちへ出かけてまいりました。

連休中はどうぶつのおうちのサイトヲ。さんとブログ:ヘクトパスカルのhect_pascalさんと遊んで頂きましたよ。
朝早く集合して、城崎マリンワールドへ行ってきましたよ。
城崎は毎度かんちょが鼻血ブーするというより、変な汁出てきそうなあんびりーばぼーな出来事が多いわけですが、今回もその期待を裏切りませんでした。
それはまた順次お話していくとして、今回のメインは違う。

そう、一同の目的は… アジ釣り!!
水族館へ行くくせに一番の目的はアジ釣りだったのだ!(笑)
城崎では数々の体験ができる様々な設備が用意されているわけですが、アジ釣りもその一環。
釣り体験ができるっちうことで、大量のアジが放たれているのだ!
竿1本630円。後は針が取れるまで釣り放題なのでぃす!
しかも釣ったアジはすぐに天ぷらにしてくれて、まさに釣りたてのアジを食べさせてくれる!
これがまたウマイ…

そんなわけで、一同館内巡りもほどほどにお昼より随分早い段階でアジ釣りへゴー!
1回だけでは煮え切らない一同は一気に2回もアジ釣りに没頭。(笑)
しかし、かんちょ、早い段階でリタイヤ…orz
ここではhect_pascalさんが爆釣振りを見せる。
バケツにこんもりと釣られたアジを見てサイトヲ。さんとかんちょは唖然とする…
と言うわけで、食っても食ってもなくならないアジの天ぷらをお昼御飯に皆で突付く。

御飯の後はショーを観たり、イベントに参加したり、館内を回ったり…
そうして閉館も近くなってきたころ…

アジ釣りやりたい

一同の心は共通の意思で固められていた…
「でも、アジの天ぷらはもう散々食べたからいらないしね…」
「かんちょが釣ったアジ持って帰るからいいっすよ~」

っと、一同即決!アジ釣り一直線!まさかの三度目のトライ!
しかも、二度の釣りで手馴れてきた一同、快釣快釣!!
なんだか淡々とバケツの中にアジが盛られていきました。

そして、かんちょ、持って帰ると言ったもののここまで釣れると思わず持って帰ってはきたもののどうしたらいいものかと…

そんなわけで、楽しいアジ釣り体験でした。(笑)
今度は8人メンバー揃えてアジ釣り大会やりたいですね。

≪城崎と言えばぁ~≫
[PR]
by argon-l | 2006-05-08 22:08 | 城崎マリンワールド

う・ら・が・わ!

a0012103_2201388.jpg

さてさて、先日の浜松オフの皆様のレポートが出揃ってきたので、ここいらでご紹介させて頂きます。
いやあ、かんちょってば全然写真撮ってなかったもので…(^^;
みなさま、思い思いのいろんな視点で見ていて面白いですね。

■さいとーさん@どうぶつのおうち
カモナマイハウス
 こどもの日向けにレイアウトされた水槽、ギンポさんを可愛らしく撮られていますよ♪
バンザイ
 胸いっぱい
 ラ島のだいばーさんの、参加者を水族に例えるを、動物バージョンでお届け!
バルタン
 東海大学海洋科学博物館で特別ガイドを頂いた裏側の様子をさいとーさんらしい視点で紹介。
 裏側の雰囲気がとっても出ていてステキですよ。

■だいばーさん@ランゲルハンス島の海
浜松市中央卸売市場・浜名湖体験学習施設 ウォット オフ会
 市場での仕入れ話や浜名湖体験学習施設 ウォットガイドの様子など。
掛川 「ならここの里」バーベキュー オフ会
 バーベキューの様子をご紹介!だいばー節が炸裂しています!
東海大学海洋科学博物館 オフ会
 東海大のバックヤードの話をますますだいばーわーるどを展開しつつご紹介!
 そして恒例の参加者を水族に例えたら…もありますぜ!やっぱりだいばー氏の観察力はすごいわ…

■ビルバインさん@しゃちのつぶやき
浜松の謎ならここに~浜松オフに行ってきた~その1~
 市場~ウォットまでの流れをご紹介!ビルさんの加速していく興奮度がみものです!
浜松の熱い夜は清水に向かう~浜松オフに行ってきました~その2
 キャンプの様子を丁寧に解説!木枯らしさんプレゼンツのあのエビも登場しまっせ!
三保の松原に日が翳る時~浜松オフに行ってきました~その3
 東海大のバックヤードを中心にご紹介!特にバックヤードでお話頂いた内容を事細かく解説されています。

■くりかわさん@一獣三菜
浜松オフにてー
 動物のお食事シーンの大好きなくりかわさん、さすが抜け目はありません!
無礼講で!
 キャンプを最も楽しんだうちの一人、くりかわさん。もうノリノリです!
昼飯
 唯一の2日目のランチをご紹介。でも、くりかわさんのお食事ってアジのたたき以外を食べている姿を見たことがない気がする!(笑)
東海大学海洋科学博物館
 文章からでもよく伝わる東海大の裏側の様子!うーん、まとめ上手だねぇ~

■hect_pascalさん@ブログ:ヘクトパスカル
浜松オフ
いろいろといろいろだったけど、とりあえず濃い~人だということがよくわかった!次回はじっくり突付かせて頂きます。


というわけで、心配で不安でハラハラのかんちょをよそに存分に楽しんで頂けたようで何より!
またやろう、でもただやるだけじゃない、必ずまた何かやらかしてやろう!
そう心に誓うかんちょでした。
[PR]
by argon-l | 2006-05-01 22:01 | 東海大学海洋科学博物館

東海大学海洋科学博物館へ行ってきました。

a0012103_21582020.jpg

今回のオフで東海大学海洋科学博物館へ行ってきました。
静岡県は清水市にある海洋科学博物館で設立約40年と歴史も古い。
当時は大水槽としても脚光を浴び、日本でも初めて円柱水槽を導入したなど、いたるところに昔ながらの手法が残っていました。
一行は水族館好きな人間ばかりなので、こういったレトロな雰囲気にもすごく親しみを感じ興味津々でした。

こちらでも職員さんのご協力を頂き特別ガイドをして頂きました。
キャンプの片づけをのんびりしてしまったり、思ったより移動に時間がかかったりと当初の予定より大幅に入り時間が遅れてしまいました。
ホントはみっちりご案内頂ける予定でしたが、時間の都合上バックヤードのみ案内して頂きました。
その節は後のスケジュールが押しているにも関わらずご案内頂きありがとうございました。

バックヤードではホルマリン漬けにされた大量の魚たち。
や、ホント、プールの中にはびっちりと浸かりまくった魚たち。
プールがいくつかに区分けされていて、どこに何の魚が入れられていて、要請があった場合にある程度すぐ出せるようにされているらしいです。
んが、古い歴史を持つ施設です。
バタバタと移動があったりした際にしっかり記録されていなかったりして、
いざ探してみたものの、いなかった…なんてこともあるそうで…
あんだけでっかいホルマリンプールを漁ってみて、見つからなかったなんて日にゃあかなり凹みますよ。
また、メガマウスと言うまだ発見例も少ない深海性のサメのパーツ分けされホルマリン漬けになったものがすごかった…

一行が一番目を輝かせたのが標本室。
とんでもない量の標本があり、一行はお宝を探すかの様に食い入りました。
なんだか標本室だけで一日過ごせそう…(笑)

ウォットは学習施設、東海大は博物館というだけに、どちらも水族館とはまた違った面白さがあってよい感じです。
東海大は水槽の充実っぷりはさることながら見せ場がたくさんあります。

予めお断りさせて頂くと、この二日間、かんちょはほとんど写真撮ってません。
その為、報告用の写真がなく申し訳ないです。
またの機会に撮りに行ってきたいと思います。

まず、見せ場の1つとしてピグミーシロナガスクジラの骨格標本です。
普通、こういったものはレプリカを使用するのが普通なのですが、ここは何とホンモノを展示しているのだ!
見た目は非常に木の様な質感、色合いをしています。
「まるで木みたいだなぁ…」
っとぼそっと言ったら、サイトヲ。さんから
「ここに注意書き書いてあるやん!」
っと、的確なツッコミを頂きました。(さすが関西人、ツッコミは早いです。)
どうやら脂が噴き出してきてそれが固まり木の様な質感になるんだそうです。
骨格をコンコンと叩いてみると骨と言うよりはもう少し軽い感じの音がします。
地球上に現存する最大の生物、シロナガスクジラ、実に34mにも達する個体が確認されています。
その亜種であるピグミーシロナガスクジラはシロナガスクジラより一回り小さいクジラで、
地球上で二番目に大きな個体と言ってもいいのかな?
その大きさ、やはりデカイ!!
口だけでシャチくらいの大きさがあるんではなかろうか…
とにかく驚きと感動のかんちょでありました。

そしてもひとつお気に入りがコレ。
写真のコはチョウチンアンコウの標本。
いやあ、迫力ありました!!
どどーんとでっけーし、想像以上の大きさだったよ、うん。

他にもメクアリウムと呼ばれる機械水族館があります。
メカマンボウとかいたりして、水の中で泳ぐ機械仕掛けの魚たち、ちょっと不思議な光景でした。
歩くメカニマルと言うものがあり、みんな凄く真剣な顔で遊ぶ遊ぶ!
んもう子供たちより真剣な顔つきでしたよ。

見て楽しい、学んで楽しい、遊んで楽しい、水族館ではできないことがここにはたくさんありました。
今回はガイドをして頂いてから自由散策をする時間が1時間程度しかありませんでした。
そのため、テキパキと周り、要所要所で釘付けになり、そして退館してすぐ気がついたこと…
大水槽見てねーーーー!

シーーローーワーーニーー!!!!
[PR]
by argon-l | 2006-04-25 21:59 | 東海大学海洋科学博物館

ありがとうございました。

a0012103_2275891.jpg

無事(?)浜松オフを終えることができました。
今回はより魚の見識を深め、魚とふれあい、
もっと魚を好きになってもらおうと言う趣旨で開催したオフ会でした。
初日は浜松市中央卸売市場へ朝早くから晩の宴の仕入れを行い、
市場とはどんなところか?
その喧騒さや扱われている魚など肌で感じ取って頂きました。
市場って楽しいと感じてもらえたんじゃないかなぁ?っと思います。
その後、浜名湖体験学習施設 ウォットへお邪魔致しました。
ウォットさんからはお忙しいところ時間を割いてくださり、館内案内や浜名湖について大変わかりやすくご解説頂きました。
慌しくやってきて、慌しく去っていった一行で、どうもお騒がせ致しました。
この後は掛川市を北上した居尻というところにあるならここの里と言うところでキャンプを行いました。
朝ガッツリ市場で仕入れてきた魚たちをはじめ、三重県尾鷲市からも食材を仕入れ、
酒を買い込んだり持参したり、そして赤海老エイトの木枯らしさんよりレアレアなエビを頂き、
皆で楽しくどんちゃん騒ぎをしました。
もう皆さん大いにハメを外し、まるで中学生や高校生に戻った気分ではしゃぎました。
みんなで同じ屋根の下で協力し合い作業したり、お約束とも言える夜の会話など
普段見られないお互いの顔をいろいろ知ることができたいい機会になったことと思います。

■仕入れた食材
キンメダイ、マダイ、カキ、ハマグリ、イサキ、ヤドカリ
アカザエビ、オオコシオリエビ、コワタ、アミ
木枯らし様より:紅ボタン、スカーレットシュリンプ、天使の海老

ウォットさんから差し入れに食材と『餌』を頂いたのですが、それがアミ。
魚たちが食ってるアミ。
まさに餌でした!(笑)
普通にスーパーで売っているらしいのですが、流石は水族館職員さんらしいお土産でした!

木枯らしさんプレゼンツのエビはどれも生食可能なエビでした。
スカーレットシュリンプ、はるかアフリカから遥々やってきたエビさん。
物珍しさだけで味はよくないので、食べたら捨ててくださいとのことでしたが…
生はちょっとクセがあるものの、焼いたらけっこう美味しかったですよ。
天使の海老、前評判通りおいしゅうございました。

二日目、前日の残りの食材で朝ごはん。
そして東海大学海洋科学博物館へと移動。
近くのお寿司屋さんで昼食を取り、東海大へと入館。
こちらでも東海大さんより館内案内を頂きまして、どうやら打ち合わせ前だったようで、
大変お忙しいところご迷惑をおかけしてしまいました。
一通り館内散策をした後、二日目の日程も終了。
こうしてオフは終わりました。

二日間とは思えない、特に初日は濃密なスケジュールだったにも関わらず、
皆さん文句1つ言わずお付き合い頂けて本当に助かりました。
今回はかんちょ、本当に不手際なところや段取りの悪いところ気の回らないところが多々ありまして、
皆さんにはご迷惑をおかけしっぱなしでした。
そんな状態でしたが、さり気なくフォローをしてくれた皆さんにはホント頭が上がりません。
もう大反省中のかんちょでございます。
本当にどうもありがとうございました。

また、今回のオフ会には多数のご協力者もあって、一層楽しいオフ会になったことと思います。
ご案内頂きました浜名湖体験学習施設 ウォットさん、東海大学海洋科学博物館さん、
珍しいエビを送って頂いた赤海老エイトの木枯らしさん、
本当にご協力どうもありがとうございました。

とりあえず、ざっくりと二日間のご報告でした。
内容が濃すぎるのでもう少し掘り下げた内容については後日少しずつお話していきたいと思います。
また、レポを下さる参加者の方もいらっしゃることと思いますので、順次ご紹介していきたいと思います。

最後に、今回は遠方の方の参加者ばかりで、寝る間も惜しんではるばるやってきてくれた方たちばかりでした。
皆さん、本当にどうもありがとうございました。

≪ご参加くださった皆様≫
(参加表明順)
しゃちのつぶやき ビルバインさん
フラプッチ~のダイビング日記。 ふらぷっちさん
ブログ:ヘクトパスカル hect_pascalさん
ランゲルハンス島の海 だいばーさん
どうぶつのおうち サイトヲ。さん
PDXさん
Blue Crescent and CAT☆★☆ よしみさん
てとさん
一獣三菜 くりかわさん


【オフレポートをまとめてくださった方々】
ランゲルハンス島の海 『浜松市中央卸売市場・浜名湖体験学習施設 ウォット オフ会』
しゃちのつぶやき 『浜松の謎ならここに~浜松オフに行ってきた~その1~』
一獣三菜 『無礼講で!』


またみんなで集まりましょう。
そして、もうちょっとしっかり計画練ります…
[PR]
by argon-l | 2006-04-24 22:09 | 浜名湖体験学習施設 ウォット


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]