total today yesterday
ブログトップ

タグ:トゲウオ目 ( 25 ) タグの人気記事

2012.11.30

a0012103_205399.jpg

[PR]
by argon-l | 2012-11-30 22:00 | 魚津水族館

ムサシトミヨ

a0012103_319650.jpg

武蔵と見よ!

・・・なにを?

あい、ムサシトミヨです。
最近保護活動も盛んなので分布域に住む方は特にちらほら名前を耳にする種じゃないかと思います。
ムサシと言うと何だか力強い感じがしますが、トミヨなだけに小さい小さい魚です。
よく見るのは5cm未満くらいの個体が多いでしょうかねー?
本種は今では埼玉県の県魚にも指定されている種で、
熊谷市にある熊谷市ムサシトミヨ保護センターでは熊谷市ムサシトミヨをまもる会の活動拠点が置かれています。

しっかし、トミヨって世界でも10種程度しかいないんだそうですが、
そのうち約半分の5種程度が日本に分布しているんですから凄いですねー。
約5種というのは、このムサシトミヨも定められた1種として扱われているのではなく、まだ学名も与えられていません。
キタノトミヨの亜種として扱われることも多いみたいですね。
トミヨたちは希少な生き物なだけにより守っていきたい生命たちですね!

ま、かんちょが語るよりもずっと素晴らしい記事をまとめてくださっているので、
興味のある方は参考記事をご覧下さいまし♪

参考: ムサシトミヨぶんぶく探検隊
[PR]
by argon-l | 2011-01-23 03:19 | しながわ水族館

サンゴタツ

a0012103_764125.jpg

かつては日本の海域のアマモ場にわんさかいたというサンゴタツ
今は乱獲や環境汚染の影響で絶滅すら危ぶまれていると言われております。
水族館ではわりかしよく見かける種だと思うので珍しい生き物という感覚がないのですが…。
水族館で特定の生き物ばかり見ていると、珍しい種であることや絶滅の危機に瀕しているということを
忘れてしまいそうな状態に陥ることがあるので油断禁物です!!

本種は他のタツノオトシゴの仲間たちを見ていても特別小さな種という印象がなかったのですが、
なんでも日本海域にいるタツノオトシゴの仲間の中では最も小さな種なんだそうだ。
体長は5~6cmくらい。
そらあ小さいわ…。

a0012103_765463.jpg

そんな小さいに拍車をかけるが如く、稚魚のタツノオトシゴ。
まだ1cmちょいかな。2cmには満たないだろう。
タツノオトシゴって鰭が小さいのであまり泳いでいるという感覚を与えてくれない魚ですが、
ここまで小さいとホント泳いでいるというか漂ってる、いや、流されているって感じですわい!w

そんなわけで、これからすいぞっかんでサンゴタツをはじめ、
タツノオトシゴの仲間たちを見るときはありがたぁ~い目で観察しないといけんですぞ!!
[PR]
by argon-l | 2010-09-11 07:07 | 浜名湖体験学習施設 ウォット

トゲヨウジ

a0012103_7161953.jpg

本日はトゲヨウジです。
先日のumtさんの物語に出てきた生き物です。(笑)

ホント、爪楊枝のような細長い身体をしていて、パッと見、鰭も目立たないですから、
よくぞこんな構造で泳げるものだなぁ~っと、実に興味の惹かれる魚ですね。

本種は水族館によく足を運んだり、魚好きな方であったり、日々魚に関わっているような方でないと、
けっこう存在を知られていないかもしれません。
ですが、もしかしたらこの姿を見て「何かに似ているなぁ…」っと感じた方もいらっしゃるかもしれません。
みなさんがよくご存知、タツノオトシゴっていますよね。
本種はタツノオトシゴと同じ仲間なんですね。
タツノオトシゴのお腹の膨らみを引っ込めたら、このトゲヨウジとかなり似通ってくるかと思います。
・・・うーん、そう考えるとタツノオトシゴって随分と親父臭い魚やなぁ…。
中年腹、ビール腹などなど。
あぁ、かんちょもタツノオトシゴではなくて、トゲヨウジ目指して頑張らねば…

本種は相模湾以南のない湾や沿岸域の浅所に生息しています。
尾鰭がなくて、タツノオトシゴのように尾部の先端でものにつかまることができるんですよ。
[PR]
by argon-l | 2010-04-13 07:16 | 伊豆・三津シーパラダイス

メリクリ更新 2

a0012103_651390.jpg

はいっ!メリクリだす!!今日はイブですね。
というわけで即興自分流クリスマスの演出、第2弾です。
今日はリーフィーシードラゴン

樅の木ってわけではないのですけど、海藻に模したこの姿、
見ようによっては胴体が木の幹の部分、そこから枝分かれして、
なんとなーく木にも見えてくるんですよねぇ。
まあ、完全にこじつけです!w

ちなみにリーフィーシードラゴンってオーストラリアの南西部沿岸に分布している魚なのですね。
オーストラリアの北西部には「クリスマス島」なる島があるわけですが、
ここにリーフィーシードラゴンが分布していたら面白かったのになぁっと思います。
クリスマスはクリスマス島でリーフィーシードラゴンウォッチングなんてね。
そうしたら葉っぱを名前にされるんではなく、木であったり、クリスマスシードラゴンなんて呼ばれてたのかな?(笑)
[PR]
by argon-l | 2009-12-24 06:06 | 越前松島水族館

ノコギリヨウジ

a0012103_718529.jpg

うーん、のこぎり型の爪楊枝があったら…って想像するとちょっとゾッとしちゃいます。w
そんなわけで、今日はノコギリヨウジです。
名前は怖そうですが、体色は美しく、ちょっと妖美な感じもします。
身体に一本走る青いラインがとにかく目を惹きますね。
尾鰭は黒くなっていてその周りを白く縁取りされ、中には3つの橙点があります。
ちょっとした的にも見えて、面白いです。

先日紹介したガンガゼたちの住む隙間に生息していることが多いらしく、
この細い身体はそんな隙間を縫うが如く、適した身体にもなっているんでしょうね。
クリーニングをする習性も持っていて、ウツボなんかが巣穴に近づいてくるとサッと掃除をしてあげるんだそうです。
[PR]
by argon-l | 2009-11-22 07:18 | 和歌山自然博物館

今日も

a0012103_7482086.jpg

今日も手抜きですいません。

昨日は疲労が溜まりすぎてすんごい熱出ちゃったよー
[PR]
by argon-l | 2009-08-27 07:49 | 地底ワールドもぐらんぴあ

2008年を振り返る その2

a0012103_640082.jpg

今年は『国際サンゴ礁年』と定められ、様々な団体・企業によるサンゴ支援活動が行われました。
水温上昇の影響で、本来南方のサンゴのはずがどんどん北上してきており、
海の中でも着実に温暖化の影響が現れているようです。
一方で、水温が高くなりすぎてサンゴが死滅してしまったり、
人の手による乱獲、環境汚染、オニヒトデによる食害など、
今サンゴを取り巻く環境は深刻なほど問題を抱えています。
どうしても多くの人はサンゴとは身近な存在ではないためまだまだ関心が薄いのが実情です。
・・・が、サンゴがなくなれば間違いなく人間たちも生きていくことはできなくなりますし、
自分が何気にしたことも遠くの地では大きな被害・影響を受けているということを理解していかねばなりません。
かんちょもまだまだサンゴに対する理解も浅いので、来年はしっかり学んでいかねばなぁ~っと思います。

サンゴの周りで暮らす魚たちもとてもたくさんいます。
サンゴがなくなったらこういう魚たちも生きてはゆけないのですね。
[PR]
by argon-l | 2008-12-26 07:08 | 伊豆・三津シーパラダイス

イトヨ

a0012103_821037.jpg

北半球の亜寒帯に生息する魚で、日本でも比較的寒い地域を中心に分布するイトヨです。
そんなこともあってか、聞きなれない魚として感じられる方も多いかもしれませんが、
昨今では絶滅の危機に瀕していることもあり、テレビや新聞を賑わす機会も増えているので、
なんとなく名前くらいは聞いたことのある人も多いんじゃないかと思います。

以前にイトヨの近縁種であるハリヨを紹介したことがあります。
両者はよく似ていますが、細かい違いはさておきとして…
ハリヨは滋賀県と岐阜県にしか生息していない魚ですが、イトヨは山口県と利根川を南限に分布しています。
また、ハリヨは成魚で5cm程度ですが、イトヨは10cm程度にまで成長するようです。

生活の違いもありまして、ハリヨは一生淡水で生息していますが、
イトヨは淡水で生活する群れもいれば、海へと下って成長し、
産卵期になると再び川へ戻ってくる遡河回遊を行う群れがいます。
この陸封型のイトヨは特に生息地が限られており、福島県の会津・福井県の大野などにしか生息していません。

イトヨは近年生息に適した湧き水の減少から個体数を激減させており、
特に陸封型のイトヨは国や県から天然記念物に指定されています。

産卵の様子は大変面白いものがあるそうで、
オスは縄張りに穴を掘って水草や植物などを集めトンネル上の巣を作り、
求愛ダンスを行ってメスを巣穴へと誘うんだそうですよ。
[PR]
by argon-l | 2008-12-13 08:11 | 須磨海浜水族園

ビッグベリーシーホース

a0012103_7212726.jpg

以前、須磨海浜水族園の特別展「干支にちなんだ水族たち」で展示されていたポットベリーシーホースというのを紹介したのですが、
(当時はポットベリッドシーホースと紹介しましたが、ポットベリーという方が一般的のようです)、本日紹介するのはビッグベリーシーホースという種です。

両者は大変よく似ていたので、最初は同じ種なのかと思っていましたが、
ちゃんと調べてみたら違う種なんだとわかりましたよー

ビッグベリーシーホースはオーストラリアからタスマン海を隔ててニュージーランドまで幅広く分布しています。
ちょっと詳しい資料がないので、お話できることが少ないのですが…
ポットベリーシーホース同様、名前どおり大きなお腹がなんとも印象的ですね。
やっぱり本種もタツノオトシゴの仲間の中では最も大きく成長する部類なのかな?

水槽内では巻きつくところが少ないせいか、温度計に巻きつく姿がよく見られました。(笑)
[PR]
by argon-l | 2008-09-23 07:29 | しながわ水族館


 
ただいま簡易更新中につきコメントのお返事を致しておりません。ご了承ください。


愛知県の水族館
名古屋港水族館
南知多ビーチランド
竹島水族館
碧南海浜水族館
赤塚山公園ぎょぎょランド
岐阜県の水族館
アクア・トト ぎふ
森の水族館
三重県の水族館
鳥羽水族館
二見シーパラダイス
志摩マリンランド
和歌山県の水族館
くじらの博物館
アドベンチャーワールド
和歌山自然博物館
エビとカニの水族館
京都大学白浜水族館
滋賀県の水族館
琵琶湖博物館
石川県の水族館
のとじま水族館
福井県の水族館
越前松島水族館
新潟県の水族館
上越市立水族博物館
寺泊水族館
富山県の水族館
魚津水族館
山形県の水族館
鶴岡市立加茂水族館
千葉県の水族館
鴨川シーワールド
岩手県の水族館
地底ワールドもぐらんぴあ
岩手県立水産科学館ウォリヤス
宮城県の水族館
マリンピア松島水族館
氷の水族館
気仙沼リアスシャークミュージアム
茨城県の水族館
アクアワールド大洗
東京都の水族館
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン国際水族館
エプソン品川アクアスタジアム
東京タワー水族館
神奈川県の水族館
八景島シーパラダイス
新江ノ島水族館
よしもとおもしろ水族館
箱根園水族館
相模川ふれあい科学館
油壺マリンパーク
静岡県の水族館
伊豆・三津シーパラダイス
あわしまマリンパーク
浜名湖体験学習施設 ウォット
東海大学海洋科学博物館
下田海中水族館
伊豆アンディランド
熱川バナナワニ園
長野県の水族館
蓼科アミューズメント水族館
山梨県の水族館
富士湧水の里水族館
京都府の水族館
丹後魚っ知館
大阪府の水族館
海遊館
水道記念館
あくあぴあ芥川
兵庫県の水族館
須磨海浜水族園
城崎マリンワールド
姫路市立水族館
岡山県の水族館
渋川マリン水族園
香川県の水族館
屋島山上水族館
高知県の水族館
桂浜水族館
山口県の水族館
海響館
福岡県の水族館
マリンワールド海の中道
大分県の水族館
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
沖縄県の水族館
美ら海水族館

東山動物園(愛知)
豊橋総合動植物公園 のんほいパーク(愛知)
イルカ島(三重県)
いしかわ動物園(石川)
南紀マリンレジャー(和歌山)
掛川花鳥園(静岡)
浜松市動物園(静岡)
シャボテン公園(静岡)
日本平動物園(静岡)
伊豆洋らんパーク(静岡)
伊豆アニマルキングダム(静岡)
南房パラダイス(千葉)
千葉市動物公園(千葉)
市川市動植物園(千葉)
上野動物園(東京)
井の頭自然文化園(東京)
江戸川区自然動物園(東京)
インナー・シティ・ズー ノア(神奈川)
野毛山動物園(神奈川)
よこはま動物園ズーラシア(神奈川)
茶臼山動物園(長野)
天王寺動物園(大阪)
ひらかたパーク(大阪)
みさき公園(大阪)
王子動物園(兵庫)
神戸花鳥園(兵庫)
姫路市立動物園(兵庫)
姫路セントラルパーク(兵庫)
慶華園(岡山)
池田動物園(岡山)
渋川動物園(岡山)
わんぱーくこうち(高知)
のいち動物園(高知)
到津の森公園(福岡)
ネオパークオキナワ(沖縄)
沖縄こどもの国(沖縄)
おきなわワールド(沖縄)
OKINAWAフルーツらんど(沖縄)

第44回
鳥見的遊山
鳥見的遊山



ただいまの掲示板最新画像
アクセス過多によりサーバの高負荷を起こしてしまいました。申し訳ございませんが、機能改善するまで掲示板をお休みさせて頂きます。

バナーを貼って頂ける管理人様
以下の画像をお使い下さい。
水族館ふりーくのバナー

タグ
(579)
(281)
(197)
(184)
(158)
(130)
(112)
(94)
(84)
(75)
(71)
(68)
(67)
(61)
(60)
(60)
(59)
(59)
(55)
(49)
(48)
(45)
(43)
(42)
(41)
(40)
(35)
(32)
(30)
(25)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(15)
最新のトラックバック
【写真素材】 ウミベイワ..
from 写真現像室 for PIXT..
失礼します
from どうぶつのおうち
名古屋港水族館ベスト
from 名古屋港水族館
あのね
from どうぶつのおうち
会うてきた
from どうぶつのおうち
リョウマエビ 足摺海洋館
from 気ままなZOO
colorfulくらげ
from Blue Windy 春紫苑..
愛情の向かう先
from どうぶつのおうち
ニモ
from Blue Windy 春紫苑..
ずっと こうやって
from どうぶつのおうち
検索
以前の記事
2014年 02月
2013年 02月
2013年 01月
more...
フォロー中のブログ
くらげねこの雑記帳
一獣三菜
COLORS ~for ...
All the seen...
アオウミウシ★365日
こころの風景
ねりうま写真生活
ヒカルさんと一緒★
奄美大島☆撮影日記
●砂時計通信●
ランゲルハンス島の海
犬と海と記念日~私のいる場所
海水魚ショップ やどかり...
ぶんちょうナイン エキサ...
Myshop 店主のひとりごと
Иван (イワン)
小太郎との日々。
シナ連★考察学
今日もまたひとこと
Fireworks!!
なんとなく日記
Photo Diary*...
動物園へ行こう
動物園でお散歩
自然な写真
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
動物たち・光と影
目指せ!!赤い絨毯
KOTOコレ2016
亀のいる暮らし。写真を撮...
EOS KISS & 8...
(゚д゚)<「ゲロッパの...
*pure hearts*
書道家蓮花の きょうの筆文字
おさかな撮り~水中写真ログ~
いわしののんびり遊泳
アナログの家が好き!高座...
アメリカ生活日記inサン...
エンゾの写真館 with...
鳥見的遊山
オーガニックな感覚
フラプッチ~のダイビング日記。
ぐるにゃん!
カリカリ日記
海っていいね
南横浜 潮風1丁目
ナポちゃんのおでこ
ブログ:ヘクトパスカル
奥様よりちょときれい! ...
Happyあざらしblo...
動物園のど!
気まぐれ日和(daily...
Whale Watchi...
★。.::'゚美ら食堂。...
どうぶつのおうち
ふりむけばスカタン
Blue Windy 春...
安曇野カンポンLIFE 
真人屋 本店
taka-c's ふぉとらいふ
沖縄猫blog♪ 『 お...
from Silk
ウミガメと愉快な仲間たち...
oibeeのtitiha...
片手にカメラ持って
真夜中のおひるね
マユゲの散歩
レンズ越しの動物園
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お友達
ブログのオウチ
弥生人の会計日記
しゃちのつぶやきⅡ
あにまるずふぉと
Aqua Blue World
cache-cache
a Trace
Photolog Zoo
ネット繋がり
みんなの動物園図鑑
pomu.巣
らっこ!らっこ!ラッコ!
MEANWHILEに ELSEWHEREで
愛媛のおいしいみかん
*Aco☆'s life*'゚・::.。★
たま~に日記
文鳥のぴー&きゅうと神戸生活新館
鴨川シーワールドPhotoGallery・水族館Web写真集
気ままなZOO
ズーラシアへ行こう(よこはま動物園)
love fish !
奄美大島ダイビング Dive cico☆mako Blog
COEXIST WITH・・・
あざらしのおへや
おさかな観察図鑑
海の子ども
ココドコ
おさかなのやかた
YouTubeおもしろ爆笑動物館
水族館の写真とか。(仮)
水族系オンラインサイト
ORCA LIVE


ぶろぐの輪
[登録サイト一覧]
[RING参加登録]
[次の登録サイト]
[次のサイト5コ]
[前の登録サイト]
[前のサイト5コ]
[ランダム]
[リング元]