ヒラメ(稚魚)

a0012103_6442372.jpg

さぁ、まだまだ続きますよぉ~!稚魚・幼魚シリーズ!!

今日は透き通ったボディ!
内臓まで透き通っちゃってます!
内臓はないぞう~なんて言ったのは誰だ!!w
みなさんよくご存知のヒラメの稚魚なんですね~♪

で、写真では大きく見えますが…

ファイト一発のミリ単位!

というわけで、わずか2~3mmの小さな小さな個体なのです。
肉眼でも目を凝らさないと!カメラ越し、とっても目が痛い!!(笑)


身体のラインから言われれば「あぁ~、ヒラメだなぁ…」って感じてもらえるとは思うのですが、
何かお気付きの点はありますでしょうか?

みなさんが日ごろよく見る大人になったヒラメを思い浮かべてください…

稚魚を見ると、なんと目が片方しか見えませんよね!!
ヒラメやカレイって両目が片方に寄っている姿が一番印象的かと思います。
んが、これはある程度成長したヒラメ・カレイの話であって、
まだ赤ちゃんの頃はキチンと普通の魚みたく両目が分かれているのですが、
徐々に泳ぎ方もヒラメっぽくなっていくにつれ、目の位置も少しずつ移動していくんですね。

言われて納得~!!
ってな感じもしますが、生まれ持った骨格ってあるんちゃうの?という想像をすると、
成長につれ目が移動していくというのは奇妙な話ですわい。

ヒラメやカレイは砂底にいて、上を見渡すのに便利だからと目の位置がズレたりしているわけですが、
例えばカニなんかも砂底によく潜って目だけをにょこっと出しているんですよね。
だったらカニも目の位置を甲羅の上にしたら便利なんじゃ?
っと言う想像をしていたら面白ガニが思い浮かびました。(笑)
[PR]
by argon-l | 2010-10-12 06:45 | よしもとおもしろ水族館

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l