人気ブログランキング |

アジなおなはし

アジなおなはし_a0012103_19231768.jpg

アジは『鯵』と漢字で表します。
『参る』という文字が使われますが、そもそものアジの名前の由来は 「とにかく味がいいから」 という話があります。
いわゆる大衆魚と呼ばれてきた魚には「サバ・イワシ」などもいるわけだが、
そういう魚たちを差し置いて味の代表格の座を見事勝ち取ったのが彼らだ。

魚には高級魚として珍重される「タイ・スズキ・ヒラメ」など一般的にもそのポジションが周知されている魚がいる。
高級魚は美味い!そりゃ最高にいい『アジ』だよ!
でもね… 金だしゃ美味いのは当たり前だよ!!
これが庶民的な最もな考え方だと思います。

しかし、そんな高級魚と比較してもアジどれんな方から言わせりゃ、
魚で最も美味いのはアジだ!タイやスズキ、ヒラメなんかよりもずっと美味いよ!
っとアジを最も評価する人だっています。
うん、確かに個人的にも値段はさておき、味だけで評価したら一番ではないけど、かなり上位に食い込む魚。
コストパフォーマンスだけで言えば確かに1,2を争うかもしんない。

話は戻りますが、味がいいのが名前の由来なら何故漢字では『参る』と書くのだろう?
なんでもこれは漢字が伝わってくるときに『参』じゃなくて『操』という字が本来で、
伝来の折に間違って書かれてしまったのがそのまま字になってしまったらしい。
ちなみに『操』というのは「生臭い」という意味なんだそうだ。
言うなれば最も魚臭い魚っていう意味になるわけですが。
アジは世界的にもよく食べられている、国際的な大衆魚と言っても過言ではない魚ですが、
ところ変われば地域によっては体臭魚って言った方がいいのかもしんない。

大衆魚っぷりは今さら説明する必要がないかもしれませんが…
スーパーへ行けば鮮魚でなくとも干物になって並んでいるのは当たり前の光景ですし、
某有名100円回転寿司でも白身はほとんど姿を消して赤身のラインナップの中、
堂々とアジはメニューに残り続けていたりするわけで。タイですらいなかったりするからね。


昨今は様々な魚たちの漁獲量が激減していると言われています。
その典型的な例としてマイワシは昭和60年代初期の頃では450万㌧もの漁獲があったそうですが、近年は10万㌧台とからしいです。
マイワシは60~80年周期で大量に増えたり減ったりするという歴史があるそうですが、
それにしてもここ近年は減少傾向の一途を辿っているらしいので、やっぱり根本的に減っちゃってるんでしょうかね?
イワシに関してはまだまだ研究課題とも言われていますが、明らかに海の資源は減っています。
なんだかイワシが減るとその分アジが増えるなんて話もあるみたいですが…
しかしアジにしたって53万㌧をピークに近年では20万㌧を切ってしまっているので、
人間のご都合主義的な考えをするのではなくて、明らかに減っているという見方をするほうがいいのでしょう。

結局アジの漢字『鯵』は誤記のため、この字に対しての由来ってのはないのですが、
大衆魚であるアジでさえ海から姿を消してしまい「参った!参った!!」ってならないように、
漁師さんは獲りすぎないよう、一般の人は食べ過ぎないよう…
じゃなくて、海の環境を維持していくことを頑張らなければいけないね。

それでこそアジの動向1つで人間が右往左往してしまう魚なので、
『操る』というもともとの字、これも大変しっくりくるように思います。
by argon-l | 2012-05-09 19:24 | 鳥羽水族館

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l