ホウボウ


a0012103_23415057.jpg
空飛ぶ魚!?

まるで飛行機を想像させるかのような、美しい胸鰭を広げてまるで空を飛んでいるかのような姿を想像させます。
ホウボウは実に奇妙な形をしていますが、妙に面白い魚です。

扇形をした胸鰭は実に美しく、泳ぎ回っている時、特に水面につく時にその大きな胸鰭を広げます。
また、胸鰭の一部はやわらかい3対の触脚となっており、その触脚を使って海底を歩くことができます。

ホウボウの名前の由来は主に2種類噂され、1つは浮き袋を使って鳴くことがあるのですが、
その鳴き声が「ボーボー」と鳴くことからホウボウと名付けられた説があります。
そしてもう1つが海底をほうぼうと歩く姿からホウボウと名付けられた説に分けられます。
※ほうぼう あちこちの方角などの意味
面白いことに、後者の説を支持する方の場合は鳴き声は「グーグー」と紹介されています。
でも、実際鳴き声は聞いたことがないので、その鳴き声を聞いてみたいもんです。

また、ホウボウは地域によって様々な呼び名があります。

年間を通しておいしい魚と言われ、市場も年間を通して漁獲量・価格が安定している魚と言われます。
旬は12月~2月だそうです。
刺身・揚げ・塩焼き・鍋など、様々な食べ方を楽しめる魚だそうです。
ホウボウは死後、鮮やかな赤色に色褪せるそうなのですが、この赤が鮮やかなほど鮮度がいいものとされています。
ただし、ミナミホウボウと呼ばれる、見た目ホウボウとそっくりなものもいますが、
こちらは日本では輸入されているのですが、鮮度がいいものでも日本に輸入されてくる頃には
随分鮮度が落ちてしまい、あまりおいしくないそうです。
また、ホウボウはタイと同様、めでたい魚として祝い事などにも使われるそうです。
主に新潟県などで漁獲量が多く、よく食べられているそうなのですが、
兵庫県などでも漁獲量が多く、おいしい魚として珍重されているそうなので、
今度3月に関西へ行く際には食ってみたいなぁ~なんて思ったりなんかする。


お写真は・・・

城崎マリンワールドよりホウボウでした♪
[PR]
by argon-l | 2005-01-10 00:24 | 城崎マリンワールド

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l