マダラ

a0012103_644431.jpg

冬だ!鍋だ!鱈鍋だ!!
っという感じで、冬になるとスーパーの魚コーナーでもよくお目にかかるタラの仲間、マダラです。

実はエプソン品川アクアスタジアムへ行った一番の目的ってこのマダラの泳ぐ姿を見たかったからなのです。
でも生き物相手ですから自分の都合どおりにはなかなか動いてくれず、かんちょが訪れた時は物陰に隠れるようにしてジッとしていたのです。
滞在時間2時間もない限られた時間の中で、どうにかタラの泳ぐ姿を写真に納めたい…
そんな思いから1時間以上もマダラが泳ぐのを「ぼへ~」っと待っていたわけです。(笑)
食用としては極めて利用の高いタラですが、飼育となるとさっぱり飼育しているところがなく、かんちょの知るところではエプソン品川アクアスタジアムしかないのです。

マダラは普段は水深150m以深の深いところに生息していますが、冬から初春にかけて産卵のために10~20mの浅いところにやってきます。
冬になるとタラをよく見かけるのは、鍋物の季節だからという他にタラが浅瀬にやってきて漁獲量も増えることも関係していると思います。
タラはよく旬は冬だと言われますが、夏のタラこそ美味という声もあります。
個人的にも年末などは白子の需要が高く、タラの価格もグッと高くなるので、夏場のタラの方がリーズナブルでよいです。
タラは調理方法も万能で様々な食べ方がありますが、水分の多い魚のため足が早く生食には向きません。
しかし、産地やごく稀に地方でも生で食べられるタラの入荷があります。
生で食べられるタラは極上の味わいですので、もし食べられる機会があれば食べてみてくださいね。
[PR]
by argon-l | 2007-11-11 06:44 | エプソン品川アクアスタジアム

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l