イトヨ

a0012103_821037.jpg

北半球の亜寒帯に生息する魚で、日本でも比較的寒い地域を中心に分布するイトヨです。
そんなこともあってか、聞きなれない魚として感じられる方も多いかもしれませんが、
昨今では絶滅の危機に瀕していることもあり、テレビや新聞を賑わす機会も増えているので、
なんとなく名前くらいは聞いたことのある人も多いんじゃないかと思います。

以前にイトヨの近縁種であるハリヨを紹介したことがあります。
両者はよく似ていますが、細かい違いはさておきとして…
ハリヨは滋賀県と岐阜県にしか生息していない魚ですが、イトヨは山口県と利根川を南限に分布しています。
また、ハリヨは成魚で5cm程度ですが、イトヨは10cm程度にまで成長するようです。

生活の違いもありまして、ハリヨは一生淡水で生息していますが、
イトヨは淡水で生活する群れもいれば、海へと下って成長し、
産卵期になると再び川へ戻ってくる遡河回遊を行う群れがいます。
この陸封型のイトヨは特に生息地が限られており、福島県の会津・福井県の大野などにしか生息していません。

イトヨは近年生息に適した湧き水の減少から個体数を激減させており、
特に陸封型のイトヨは国や県から天然記念物に指定されています。

産卵の様子は大変面白いものがあるそうで、
オスは縄張りに穴を掘って水草や植物などを集めトンネル上の巣を作り、
求愛ダンスを行ってメスを巣穴へと誘うんだそうですよ。
[PR]
by argon-l | 2008-12-13 08:11 | 須磨海浜水族園

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l