アベニーパファー

a0012103_84140.jpg

なんというミニマムサイズ!!世界最小フグ、アベニーパファーです。
成魚でも2~3cmにしか成長しないという、とんでもなく小さいフグです。
これだけ小さなフグですからね、生まれてくるときはどのくらいのサイズなのでしょう?
とにかく小さなフグなので、カメラを構えて必死に追いかけてると、
ふよふよ動き回るわけですから油断しているとすぐ視野から姿を消してしまい見失ってしまいます。(笑)

フグというと海水性という印象をお持ちの方が多いかと思いますが、
淡水性のフグってのも世の中にはいくらかいまして、アベニーパファーも淡水性のフグの一種です。
南インドやスリランカなどに生息しているフグで、緩やかな流れのところを好んで生活するそうですよ。
というか、これだけ小さいフグですから、ちょっとでも流れが強いと流されてしまうわけですね。

飼育は難しいほうだという話を聞いたことがあるのですが、
やはり小ささゆえに大きな水槽を必要としないことと、姿や泳ぎの愛らしさから飼育用の流通としても人気が高いようです。

ちなみにアベニーパファーというのは日本だけでの流通名なんだそうで、
名前の由来は発見者が阿部さんという方で、「阿部兄」というのが名前の由来であるという説もあって、
正しい情報かどうかはわからずとも面白い話ですね。
[PR]
by argon-l | 2009-05-21 08:04 | 下関市立しものせき水族館海響館

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l