オーストラリアンスノークラブ

a0012103_6491265.jpg

雪のように真っ白いカニってことで、オーストラリアンスノークラブです。
とはいっても、標準和名ではなく、エビとカニの水族館での呼称なんだそうです。
種としてはオオエンコウガニの近縁種にあたるそうなのですが…。
このカニの面白いところは茹でても赤くならない!つまり白いままなのです。
(食欲をそそるという意味では赤くなってくれたほうが美味しく食べられるのでしょうけど)
普通、カニを茹でると赤くなるのはアスタキサンチンという色素が関係しているのですが、
どうも本種はアスタキサンチンを持っていないそうです。
日本では高級食材にあたるためあまり馴染みがありませんが、オーストラリアではけっこう普通に食べられていると言われています。
オーストラリアへ旅行へ行かれた方なんかは「知ってるー!」って声もあるかもしれませんね!!

オオエンコウガニも国内ではそう滅多に食べられるカニじゃないだけに、
どちらでもいいから一度食べてみたいもんですねぇ。
(あっ!連日食べてみたいで締めくくってしまった!!)
[PR]
by argon-l | 2009-10-22 06:49 | エビとカニの水族館

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l