ウスバハギ

a0012103_6202034.jpg

カワハギ系最大種、ウスバハギです。
そして、カワハギ系の中でも特に身体が薄いという意味合いなんでしょうかね?そんなところから名前も由来しているようです。
やる気のなさそうなこの顔は自然界でもその表れなのか、海の浅いところでふらふら浮いていることが多いそうです。
しかも群れでいることが多いので、時にかなりまとまった量での漁獲があるそうです。
ちなみに最大種になるとお話致しましたが、その大きさなんと75cmにもなります!(うちのまな板じゃ乗らない!w)
ただ、味の評価としては他のカワハギたちよりも評価が低いようで、大味と言われることもしばしば。
十分美味しい魚なんですけどねぇ~

ウスバハギは北海道以南に分布すると言われていますが、どちらかと言えば温帯・熱帯の方に多く分布しているようです。
模様がないのであまり特徴のないように見えますが、幼魚の頃は複雑な縞模様を持ち、
また、成魚でも餌を食べているときなんかは濃い斑紋が浮かび上がってきます。
[PR]
by argon-l | 2009-10-23 06:20 | 竹島水族館

各地の水族館で撮った魚たちの写真を紹介♪


by argon-l